一戸建ては「売る」「貸す」どっちがお得なのか解説

2023-12-19

一戸建ては「売る」「貸す」どっちがお得なのか解説

転職や住み替えなどによるライフイベント変化で一戸建てを売却か賃貸物件として貸し出すのか検討している方もいるでしょう。
そこで今回は、「売る」「貸す」どっちがお得なのか、メリットと収支を比較した結果をご紹介します。
ぜひ、一戸建ての売却か賃貸物件として貸し出すのか迷っている方は記事を参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てを「売る」「貸す」おすすめはどっち?

売るか貸すかの選択でのおすすめは、所有者のライフスタイルや将来の予定により変わります。
たとえば、住宅ローンの残債があり、毎月の返済が賃貸物件の家賃だけではまかなえない場合は売却がおすすめです。
しかし、貸し出す条件に維持管理費を含めた家賃を設定すれば、貸す選択のほうがお得になります。
築年数やペット可などの条件設定で地域の家賃相場と賃貸需要があるのか確認すると良いでしょう。
また、将来的に住む予定がある場合は、貸す選択がおすすめです。
一戸建ては、人が住んでいないと劣化が早まることがあります。

一戸建てを「売る」「貸す」それぞれのメリットとデメリット

一戸建てを売るメリットは、維持管理費がかからず、住み替えの場合に頭金に宛てられたり、住宅ローン返済に宛てられたりします。
デメリットは、相続税を納める予定の方は資産評価額が高くなるリスクがあります。
貸すメリットは、家賃収入を得られるため、将来的に住む予定のある方は、維持費の負担が減ります。
デメリットは、賃貸物件の住民が快適に暮らせるように設備や環境を整えなければならない修繕義務です。
たとえば、設備が故障した場合には、対応し、借主に非がない場合には費用を工面する必要があります。

一戸建てを「売る」「貸す」それぞれの収支とは?

それぞれ概算でシミュレーションしていきます。
一戸建てを2600万円で売る場合の収支シミュレーションは、およそ2508万の利益が出ます。
仲介手数料は、法律で上限が決められており、売却価格に3%乗じて、6万円足した額に消費税の10%を足すと92万4千円となります。
また、売ったときは3000万円特別控除が使用できます。
家賃11万円で貸す場合の収支シミュレーションは、およそ52万とお得になります。
管理維持費や修繕費で年間36万円とし、固定資産税や都市計画税が12万円、管理会社への委託費が6万6千円とした場合、合計64万4千円年間で発生します。
もちろん家賃収入は所得として加算されるため、年収500万円の会社員の場合、12万2800円の住民税が加算されます。

一戸建てを「売る」「貸す」それぞれの収支とは?

まとめ

一戸建てを手放すか貸し出すかは、ライフスタイルや将来設計により変わりますが、立地条件や毎月の家賃相場によっても、変わっていきます。
つまり、どっちか一方で決めるのではなく、総合的に考えて売るまたは貸すのか判断しましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ