不動産購入時に受ける必要のある重要事項説明について

不動産購入時に受ける必要のある重要事項説明についてご紹介

家を購入するときには売買契約を結ぶ必要がありますが、その際は売主側に重要事項説明をおこなうことが義務付けられており、略して重説と呼ばれることもあります。
重説をおこなう意味や内容を把握しておくことで、購入後に後悔するのを防ぐことに役立ちます。
今回は、家を買う前におこなわれる重要事項説明(重説)についてご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入のときにおこなわれる重要事項説明とは?

重要事項説明とは、不動産購入について専門的な知識がない購入者を損害から守るための手続きです。
宅地建物取引業法によって義務づけられている手続きで、家の売買契約の前に必ずしなければなりません。
重説では、購入する不動産の所在地や地番、地目、土地面積などの土地に関することと、所在地や家屋番号、構造、床面積などの建物に関することについての説明がおこなわれます。
説明をおこなうのは、国家資格を持つ宅地建物取引士になります。

不動産購入時におこなわれる重要事項説明のチェックポイント

重説を受けるときには、いくつかのポイントを押さえてチェックすることが大切です。
重説をおこなう人物が資格を持った宅地建物取引士であるかどうか、宅地建物取引士証の提示をしてもらって確認しましょう。
物件の内容がパンフレットの内容と違わないか、構造や間取り、築年数などをチェックします。
また、抵当権が設定されている物件の場合は引き渡し前にきちんと抵当権を抹消するかを聞いておきましょう。
他にもインフラ整備がおこなわれているかという点や、法令に基づいて制限されている部分について、また、契約条件についてもよく確認しておく必要があります。

不動産購入で重要事項説明を受けるときの準備と注意点について

重説当日は、重要事項を記載した書面「重要事項説明書」を購入者に渡し、その内容に沿って説明がおこなわれます。
重説について記載した書面は文章の量が多く、当日その場ですべてを理解することは難しいものです。
そこで、事前に不動産会社から書類のコピーをもらっておき、重説の当日までに内容を理解しておくようにしましょう。
内容を理解しておけばポイントを押さえやすくなり、質問事項や確認したいことを当日聞くことができます。
重説の当日は、前述のポイントについてよく確認し、変更があった場合には新しく書面を作ってもらうことが大切です。
また、重説をおこなわずに売買契約の締結を促してきた場合には注意が必要です。
まだ重説を受けていない旨を伝え、きちんと重説を受けて納得してから売買契約書にサインをするようにしましょう。

不動産購入で重要事項説明を受けるときの準備と注意点について

まとめ

重要事項説明は不動産購入者を損害から守るためのもので、不動産売買契約前に宅地建物取引士がおこなうことが義務づけられています。
重説の書面の記載事項をよく理解し、説明を受けて納得したうえで売買契約を結ぶことが大切です。
購入してから後悔することのないよう、チェックポイントと注意点をきちんと頭に入れてから重説に臨みましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、弊社の強みでもある保証人の有無などの審査に

不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ