不動産投資における利回りとは?平均相場や計算方法も解説!

2024-02-01

利回り

不動産投資における利回りとは?平均相場や計算方法も解説!

不動産投資は投資のなかでもリスクとリターンのバランスが良く、初心者にも人気です。
不動産投資を始めるにあたって、利回りに関する正しい知識を身につけておくと安心ではないでしょうか。
今回は、不動産投資における利回りとは何なのかを、平均相場や計算方法も含めて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資の利回りとは? 

利回りとは不動産投資における「リターン」の部分、つまり投資した金額に対してどのくらいの収益が見込めるかを表したものです。
不動産投資の利回りには、表面利回りと実質利回りの2種類があります。
表面利回りとは1年の間に入ってきた家賃収入を不動産の購入価格で割ったもので、ランニングコストや諸経費は考慮しない「表面的な」利回りのことです。
一方の実質利回りは、年間の家賃収入から管理費や固定資産税・修繕積立費など不動産の運営にかかる費用を差し引き、不動産の購入価格で割って算出します。
より正確な収益性を把握したければ、実質利回りを算出すると良いでしょう。

不動産投資における利回りの平均相場は?

不動産投資を始めたばかりだと、利回りの平均相場がいくらぐらいなのかわからない方も多いのではないでしょうか。
物件情報に記載されている利回りは表面利回りである場合が多く、諸費用は考慮されていないので「高ければ良い」ということはありません。
どれだけ収益が上がるのかを把握するためには、表面利回りと実質利回りにどのくらい差があるのかを知る必要があるのです。
表面利回りは5%を上回るのが理想といわれていて、3%が最低ラインになります。
大阪などの地方都市は東京都内の物件と比較すると利回りが高いのが特徴です。
ケースにもよりますが、利回りだけを考えて不動産投資をおこなうのであれば、都内より地方のほうが良い場合もあります。

不動産投資における利回りの計算方法は? 

表面利回りの計算方法は「年間の家賃収入÷物件価格」で算出できます。
たとえば、1億円で購入した10室ある物件を1室7万円の家賃で貸し出した場合を例に挙げると、年間の家賃収入は「7万円×10室×12か月=840万円」です。
表面利回りを出すには「840万円÷1億円×100」という計算になるので、8.4%となります。
同じ条件の物件で年間のランニングコストが150万円、物件購入時の諸経費が350万円かかった場合の実質利回りは「(840万円-150万円)÷(1億円+350万円)=約6.66%」です。
物件購入前に両方の利回りを計算し、シミュレーションをおこなってみることをおすすめします。

不動産投資における利回りの計算方法は? 

まとめ

不動産投資を始めるにあたって、表面利回りと実質利回りの特徴や相場を事前にチェックしておくと安心です。
もちろん利回りだけで判断するのはおすすめできませんが、判断要素のひとつとして重要な役割を持つものなので、計算方法を確認しておきましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ