家に住みながらの不動産売却とは?方法やメリットおよび注意点を解説!

家に住みながらの不動産売却!方法やメリットおよび注意点とは?

不動産売却をする際に、家を空き家状態にしてから売るのではなく住みながら売りたいと考える方も少なくありませんが、どうやれば住みながらの売却ができるのでしょうか?
今回はそんな悩みを抱えている方に、住みながら売却する方法を解説したうえで、住みながら売るメリットやデメリット・注意点などもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

家に住みながら不動産売却をおこなう方法とは?

家に住みながら不動産売却をする方法としては、売り先行による売却とリースバック利用の2種類が挙げられます。
売り先行とは、家に住みながら家を売り出し、内覧希望者に内覧してもらうなどして、家の売却を先行してから新しい家を探す方法です。
リースバックとは、まず家をリースバック業者に売却し、その後は賃貸借契約を結び家賃を支払いながら住み続け、新しい家を探す方法です。

住みながら不動産売却するメリットとデメリットとは?

売り先行のケースでは、先に住み替え先を買うよりも、売却代金を住み替え費用に回せるので資金繰りが楽になるメリットが挙げられます。
また、売主が物件内にいるため、内覧者に売主が物件についての説明やアピールをしやすいのもメリットといえるでしょう。
リースバックのケースでは、住み続けながらまとまった売却代金が手元に入るメリットがあります。
売り先行のデメリットは、急な内覧予約や平日予約など内覧への対応が意外に大変になる、内覧者から見ると生活感を感じてしまいやすいなどが挙げられます。
リースバックの場合、多くは定期借家契約になっているため、期間が満了して再契約をしてもらえなかった場合は家を出ていかなければならないのがデメリットです。

家に住みながらの不動産売却をする場合の注意点とは?

売り先行の注意点は、内覧に備えて掃除や片付け、室内のにおい対策などをきちんとやっておく事前準備が挙げられます。
また、売却後に住み替え先探しであわてないように、売却活動中に住み替え先探しも並行しておこないましょう。
リースバック利用の場合は普通借家契約なのか定期借家契約なのか、定期借家契約なら何年契約になるのかといった点を事前調査しておくのが注意点です。

家に住みながらの不動産売却をする場合の注意点とは?

まとめ

家に住みながらの不動産売却は可能でメリットもありますが、デメリットや注意点も理解しておかなくてはなりません。
まずはメリットやデメリット・注意点などを比較したうえで、売り先行かリースバック利用のどちらを考えるか、そこから決めていきましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ