不動産を売却しないで生活保護を受給できるケースやリースバックについて解説

2024-02-15

生活保護

不動産を売却しないで生活保護を受給できるケースやリースバックについて解説

さまざまな理由や状況から、生活保護の受給を検討する方は少なくありません。
しかし、不動産を所有している場合は、不動産の処分が命じられたり受給が認められなかったりするケースがあるため、注意が必要です。
そこで今回は、生活保護を受給するための条件や、不動産を所有しながら受給できるケース・リースバックについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

生活保護を受給するための要件とは?

生活保護は、個人ではなく世帯単位に対しておこなわれ、世帯全員が資産能力やそのほかあらゆるものを、最低限の生活を維持するために活用しても生活が困難な場合に支給されます。
そのため生活保護費は支給額から収入を差引いた額が支給され、収入には年金や親族からの援助なども含まれます。
収入が最低生活費を下回っていれば不足額が支給されますが、収入が最低生活費を上回っている場合は支給されません。
ただし、世帯のなかで働ける方がいる場合は、能力に応じて働いていることが必要です。
また、生活保護を受ける要件として、生活に利用されていない土地や家屋などがある場合は、売却して生活費に充てることが求められます。
「不動産を持っていると生活保護が受けられない」と言われることも多いですが、そのような認識はこの「資産活用」が要件に入っているためでしょう。

不動産を所有しながら生活保護を受給できるケースと売却を命じられるケース

不動産を所有している場合、生活保護の要件のひとつである「資産活用の条件」を満たせないため、基本的には生活保護を受給する際には不動産を処分する必要があります。
しかし「生活維持に必要な最低限のもの」という条件を満たした不動産については、所有が認められるケースもあります。
たとえば、高齢者世帯であれば不動産を担保にして金融機関から借金する「リバースモーゲージ」を用いて、自宅を売却せずに生活保護の受給が可能です。
また、資産価値が低い不動産の場合も、自宅を所有しながら生活保護を受けられるケースが多く見られます。
一方、住宅ローンが完済していない不動産については、生活保護費から住宅ローンを返済する可能性があるため、売却を命じられるのが一般的です。

リースバックなら不動産売却後も住み続けられる?

リースバックとは、所有している自宅を一度売却し、その家を買い手から賃貸物件として借りて住み続けられる方法です。
そのうえで、一度家を売却することで生活保護の受給条件も満たせるため、家に住み続けながら生活保護の受給ができます。
また、リースバックで家を売却すると、所有権が買い手に移ってしまいますが、購入資金をためれば将来的に買い戻すことも可能です。

リースバックなら不動産売却後も住み続けられる?

まとめ

不動産の資産価値が低い場合や高齢者世帯の場合、不動産を所有したまま生活保護の受給ができるケースもあります。
また、生活保護を受給しながら住み続けられる「リースバック」も検討してみると良いでしょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ