不動産売却価格の目安にもなる固定資産税評価額について!計算方法も解説!

不動産売却価格の目安にもなる固定資産税評価額とは?計算方法も解説!

不動産売却を検討するにあたって、「いくらぐらいで売れるのか」がもっとも気になるポイントではないでしょうか。
売却したい不動産の価値を確認する方法の1つに、固定資産税評価額を参考にするというものがあります。
今回は、不動産売却時に確認したい固定資産税評価額とは何なのかを、その計算方法やそれ以外の土地の評価額も含めて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の指標となる固定資産税評価額とは?

不動産を所有していると毎年固定資産税がかかります。
その税額を算出する際の基準となるのが固定資産税評価額で、これは不動産売却価格の相場を知る際の目安になる役割も持っているのです。
固定資産税評価額は市町村が設定し、土地と建物では決め方が異なります。
3年に1度のペースで見直しがおこなわれているため、計算する際は最新の固定資産税評価額を確認しなければなりません。

固定資産税評価額の計算方法は? 

固定資産税評価額を計算する方法の1つとして、固定資産税の金額から逆算することが可能です。
固定資産税は固定資産税評価額×1.4%で算出するため、固定資産税評価額は逆に計算して固定資産税額÷1.4%で求められます。
他にも、毎年送付されてくる固定資産税の納付通知書を確認して調べる方法や、役所まで足を運んで固定資産課税台帳を閲覧する方法などもあるので、確認しておくと良いでしょう。
これらの方法で調べた固定資産税評価額に疑問がある場合や、より正確な評価額が知りたい場合は、不動産鑑定士に依頼することも検討することをおすすめします。

そのほかの土地の評価額をご紹介

土地の評価額には固定資産税評価額の他にも、公示価格・基準地価・路線価・実勢価格などの評価額が存在しています。
このなかでも、とくに不動産の売却価格を決めるうえで参考になるのが、公示価格と実勢価格です。
公示価格は国土交通省が公表している土地の価格で、実勢価格は実際に取引されている価格のことをいいます。
実勢価格は公的機関が公表している評価額と異なる場合もあるので注意が必要です。
また、実際に取引がおこなわれていないエリアで不動産を売却する場合は、周辺でおこなわれた取引から推定して実勢価格を出すこともあります。

そのほかの土地の評価額をご紹介

まとめ

固定資産税評価額とは、不動産売却価格を決める目安にもなる重要なものです。
他にも土地の評価を調べる方法があるため、それぞれの目的や役割を事前に確認しておくと良いでしょう。
そうすることで、不動産の高額売却につながりやすくなります。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お客様のご希望にそえるかと思います。

お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ