不動産売却の流れとかかる期間を解説!売主の売却活動の内容は?

不動産売却の流れやかかる期間を解説!売主がやることや売却活動の内容は?

スムーズに不動産売却を進めるためには、大まかな流れや売主がやることを事前に確認しておく必要があります。
実際のところ、売却活動にはどのようなものがあるのか、売却までどのくらいかかるのかなど、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、不動産売却の流れや売却にかかる期間などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の流れ①売主がやることは?

不動産を売却する際の流れは、いくつかのステップにわけられています。
まず、不動産がいくらぐらいで売れるのかを調べるため、不動産会社に査定を依頼するのが最初のステップです。
査定を依頼する前に、レインズ(不動産流通標準情報システム)や土地総合情報システムなどのサイトを利用して、自分でも売買価格の相場を調べておくと良いでしょう。
仲介を依頼する不動産会社が決まったら、媒介契約を結びます。
媒介契約を締結したら不動産会社による販促活動が開始されるため、売主は内見の準備をしておきましょう。
購入希望者に良い印象を持ってもらえるよう、すべての部屋をすみずみまで掃除したり、不用品を処分したりしておくのがおすすめです。
買主が決まったら売買契約を締結し、物件の引き渡し・決済という流れになります。

不動産売却の流れ②売却活動の内容は?

不動産会社がおこなう売却活動には、レインズへの登録や広告によるアピールなどがあります。
広告を出すには新聞の折込チラシやポスティング、不動産関連のポータルサイトを活用する方法があるため、依頼した不動産会社がどのような売却活動をおこなっているのかしっかり確認しておきましょう。
住みながら売却活動をおこなう場合は、購入希望者に対して内見の対応をする必要があります。
内見の際には値引き交渉を受けることも多いため、あらかじめそのことも考えたうえで売り出し価格を決めておくのがおすすめです。

不動産売却の流れ③売却にかかる期間は? 

不動産の売却を検討して動き出したときから売却が完了するまでの期間は、3~6か月前後といわれています。
査定を依頼してから媒介契約を結ぶ不動産会社を決定するまでが2週間~1か月程度、売却活動の開始から売買契約締結までが3~6か月程度、そこから引き渡しまでが1か月程度というのが目安です。
売却期間が長引いてしまう場合は、売り出しのタイミングが悪いことやエリアに問題があることなどが理由として考えられます。
また、売り出し価格が相場より高いことが原因になっている可能性もあるため、その場合は見直しも検討しましょう。

不動産売却の流れ③売却にかかる期間は? 

まとめ

不動産売却前には、売却までの一連の流れや売主がやること、売却活動の内容などを確認しておくのがおすすめです。
また、売却に必要な期間がどのくらいなのかについても調べておき、長引くようならその原因や対策を考えてみましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お客様のニーズに寄り添ったご案内ができるかと思います。

お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ