不動産売却前のリフォームは必要?不要?売れやすくする方法も解説

不動産売却前のリフォームは必要?不要?売れやすくする方法も解説

この記事のハイライト
●リフォームしてから家を売れば見た目の印象が良くなるが、リフォーム費用を回収しにくいというデメリットがある
●リフォームは、生活で必要な重要な設備の故障や、見た目が明らかに悪いような場合に必要である
●リフォームをしない場合でも、ホームインスペクションやハウスクリーニングをすれば売れやすくすることができる

不動産売却をお考え中の方のなかには、リフォームをしたほうが良いのか悩んでいる方もおられるのではないでしょうか。
基本的には、リフォームをせずに売り出したほうが良いですが、場合によってはリフォームをしたほうが有効というケースもあります。
そこで、不動産売却をご検討中の方に向けて、リフォームしてから家を売るメリット・デメリット、またリフォームが必要な場合やしない場合でも家を売れやすくする方法について解説します。
枚方市を中心に、京阪エリア(寝屋川市、交野市、大東市、高槻市、守口市、四條畷市)全域で不動産を所有していらっしゃる方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

リフォームしてから不動産売却するメリット・デメリット

リフォームしてから不動産売却するメリット・デメリット

リフォームしてから不動産売却したほうが良いか迷っている場合は、まずはメリットとデメリットを確認してから判断すると良いでしょう。

メリット①売却が有利になる

不動産売却前にリフォームを施してある家は、見た目の印象が良くなるため、売却が有利になるメリットがあります。
家を購入するかどうかを決める際に、多くの方が見た目を重視するのではないでしょうか。
価格がいくら良くても住みたいと思える家でなければ売れないため、リフォームすることで早期売却も期待できるでしょう。

メリット②買主がすぐに住める

リフォームが施してある家は、買主がすぐに住むことができるという点もメリットです。
購入後にリフォームをおこなうと、実際に住み始められるのが工事完了後となるため、時間を要してしまいます。
その点、リフォーム済みであればすぐに引っ越しできるため、早く住みたいという方には売れやすくなるでしょう。

デメリット①リフォーム費用を回収できない

リフォームは、見た目の印象が良くなるなどメリットもありますが、リフォームにかかった費用をすべて回収できるとは限りません。
なかにはリフォーム費用を売却代金に上乗せして売却したら良いのでは?と思う方もおられるでしょう。
しかし、リフォーム前は2,000万円で売却する予定の家にリフォーム費用500万円を上乗せした2,500万円で売りに出してもそのままの金額で売却できることはほとんどありません。
中古物件の購入を考えている方は、できるだけ安く購入したいと考えています。
リフォーム費用を上乗せしてあれば、高いという印象になり、中古物件の「安さ」という魅力が損なわれてしまいます。

デメリット②リフォームが買主のイメージに合わないことがある

中古物件を購入する多くの方が、安く購入して自分で好きなようにリフォームをしたいと考えています。
実際に、中古物件を購入した方の半数の方が物件購入後に自分でリフォームをしたという調査結果も出ております。
そのため、すでにリフォームが施してある家が、イメージと違っていたり趣味が合わなかったりすれば売れにくくなるという点はデメリットの1つでしょう。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションをすると得られるメリットとは?

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却前にリフォームが必要なケースとは?

不動産売却前にリフォームが必要なケースとは?

リフォーム費用は回収しづらいというデメリットもあることから、基本的には不動産売却前にリフォームはおこなわないほうが良いでしょう。
しかし、なかにはリフォームが必要なケースもあります。
ここでは、リフォームが必要なケースとその価格相場について解説します。

リフォームが必要なケース

リフォームが必要なケースは、給湯器などの必要不可欠な設備が壊れている場合や、見た目の印象がひどく悪い場合です。
給湯器など生活するうえで重要な設備の故障は、物件の印象を悪くし売れない可能性があります。
また、壁や障子が破れていたり穴が空いていたりする場合も、見た目の印象が悪く、部分的なリフォームが必要でしょう。
このように明らかに見た目が悪い場合は、リフォームしたほうが売却に有効に働く場合もあります。

リフォームの価格相場

リフォームにかかる費用は、工事内容や使用する材料などにより変動はありますが、フルリフォームの場合でおよそ400万円程度です。
ただし上記でもすでにご説明したように、フルリフォームをしても費用を回収できないことがほとんどです。
そのため、リフォームが必要なケースでも100万円以内に留めておくのが理想的と言えます。
その際は、何を優先してリフォームをしたほうが良いのかを考えながら決めていくと良いでしょう。
部分的なリフォームの価格相場は以下のとおりです。

  • トイレ:10~50万円
  • キッチン・浴室:50~150万円
  • 洗面所:20~50万円
  • 内装:壁紙(10㎡)1~2万円、フローリング(6畳)7~9万円、畳1枚 5,000~8,000円

大体的なリフォームは買主に任せて、売主は古い設備や見た目の印象が悪い部分の交換・修理を優先的におこなうことをおすすめします。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションをすると得られるメリットとは?

\お気軽にご相談ください!/

リフォームしない場合でも不動産売却しやすくする方法

リフォームしない場合でも不動産売却しやすくする方法

リフォームは多くの費用がかかることから、必要な場合を除きあまりおすすめできません。
リフォームをしなくても以下の方法を実践すれば、家を売れやすくすることが可能です。

  • ホームインスペクションの実施
  • ハウスクリーニングを依頼する
  • 簡易的な修繕をする

それぞれの方法をご説明します。

方法①ホームインスペクションの実施

ホームインスペクションとは、中古住宅の欠陥や不具合を調査する住宅診断のことです。
中古物件を購入する際は、多くの方が建物の耐久性や不具合などを心配しています。
ホームインスペクションでは住宅診断士が不動産を調査するため、構造上に問題がないとわかればアピールポイントになります。
ホームインスペクションが実施されている中古物件であれば、建物の状態を把握でき買主は安心して購入できるため売れやすくなるでしょう。

方法②ハウスクリーニングを依頼する

ハウスクリーニングとは、掃除のプロに依頼してきれいにしてもらうサービスです。
とくに清潔感を求める水回りは、ハウスクリーニングが施してあれば印象を大きく変えることができます。
ハウスクリーニングであれば数万円からできるため、リフォームよりも費用を抑えてきれいに見せることができます。

方法③簡易的な修繕をする

リフォームとはいかなくても、簡易的な修繕をするだけで売れやすくすることができます。
たとえば、タバコやペットによって壁紙が汚れているという場合は、1,000円/㎡程度で修繕できるため費用対効果が高いと言えます。
そのほかにも以下のような簡易的な修繕はおすすめです。

  • 障子の張り替え:2,000円/枚
  • ドアの修繕:5万円/枚
  • 給湯器の修繕:2万円
  • 外壁の補修:3,000~5,000円/㎡

このように不動産売却前にリフォームをしない場合でも、十分に売れやすくすることは可能です。
リフォームしない分をハウスクリーニングや、インスペクションの検査費用に回したほうが損をせずに効率的に売却することができるでしょう。

この記事も読まれています|空き家のリフォームやリノベーションをすると得られるメリットとは?

まとめ

不動産売却前のリフォームは、費用が回収できないケースが多いため基本的には必要ないでしょう。
ただし、見た目が明らかに悪い場合や、生活に必要な設備が故障している場合はリフォームをしたほうが売却に有利に働くこともあります。
またリフォームをおこなう場合は、100万円程度に費用を抑えることが理想的です。
枚方市の不動産売却なら「枚方不動産売却買取センター」へ。
売主様の利益を考えた売却スタイルでトータルサポートさせて頂きます。
どんな物件でも買取・売却をおこないますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ