家の売却時にはホームステージングを検討!メリットや費用は?

家の売却時にはホームステージングを検討!メリットや費用は?

この記事のハイライト
●ホームステージングとは家具や照明などで家を装飾しモデルルームのように演出すること
●販売期間の短縮につながったり高い集客効果を発揮できたりするのがメリット
●家の状況やコーディネートの方法によって費用は異なる

家を効率よく売却するための方法として、ホームステージングが注目されています。
中古物件の流通が盛んな欧米では、当たり前のサービスとなっており、日本でも導入する方が増加中です。
では、ホームステージングとはどのようなものなのでしょうか。
今回は家の売却をお考えの方に向けて、ホームステージングとはなにか、メリットや費用を解説します。
枚方市を中心に、京阪エリア(寝屋川市、交野市、大東市、高槻市、守口市、四條畷市)全域で、不動産売却をお考えの方はぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

家の売却時に実施したいホームステージングとは

家の売却時に実施したいホームステージングとは

まずは、家の売却時に実施したいホームステージングとはなにかを解説します。

家具や照明などを使いモデルルームのように演出すること

ホームステージングとは家を装飾し、モデルルームのように演出することです。
家具や照明、小物や観葉植物などを使い、見た目の印象をアップさせます。
中古の家の売却を成功させるためのコツは、内覧にあるといっても過言ではありません。
そのため、内覧時に良い印象を持ってもらうのが、早期売却への近道です。
ホームステージングを実施すれば、第一印象が良くなり「ここに住みたい!」と思ってもらえるでしょう。

ホームステージングの歴史

ホームステージングとは、家(ホーム)と演出する(ステージング)を組み合わせた言葉です。
家をモデルハウスのようにするため「インテリアを楽しむ」とは、意味合いが少し異なります。
室内を装飾して家の魅力を高めたり、早期の売却を目指したりする際に効果的な手法です。
また、ホームステージングとはもともとアメリカ発祥のサービスとなります。
先述したとおり、欧米では中古物件の流通が盛んです。
そのため、1970年代頃から「ホームステージングを実施すれば、高く早く家が売れる」という考え方が一般的になりました。
日本においても、今後はホームステージングの実施が当たり前になるかもしれません。

ホームステージングが注目されている理由とは

ホームステージングが注目されている理由のひとつに、インターネットの普及が挙げられます。
家を探すとき、まずは物件情報サイトや不動産会社のホームページを見る方が多いです。
モデルルームのような画像を掲載すれば、より多くの方に興味を持ってもらえます。
クリック数や内覧数も増え、早期の売却が見込めるでしょう。
家に興味を持ってもらい、内覧してもらえないと売却は困難です。
ホームステージングを実施すれば、ほかの家との差別化を図れるため、売却時にはぜひ取り入れるべきサービスといえます。

この記事も読まれています:この記事も読まれています|実家じまいの方法とは?事前準備や処分方法をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

家の売却時にホームステージングを実施するメリット

家の売却時にホームステージングを実施するメリット

続いて、家の売却時にホームステージングを実施するメリットを解説します。

メリット1:販売期間の短縮につながる

メリットとしてまず挙げられるのが、販売期間の短縮につながることです。
ホームステージングによって見た目の印象が良くなれば、内覧時に申し込みをもらえる可能性もあります。
家を購入する際、その家での生活がイメージできるかどうかで、購入の可否を決める方も多いです。
家具や照明などでコーディネートされた家なら、理想的な生活イメージを印象付けることができます。
引っ越し後の生活をイメージできれば、早期の意思決定につながるでしょう。
また、第1回ホームステージング実態調査では、ホームステージングの有無による販売期間の違いが証明されています。
実施しなかった家は、売却できるまでに約120日かかった反面、実施した家は約40日と、3倍もの差が出たことがわかりました。
明確な生活イメージの提供が、購入決定を後押ししてくれるのがメリットです。

メリット2:高く売れる可能性がある

高く売れる可能性があるのも、メリットのひとつです。
先述したとおり、ホームステージングとは物件の魅力を高めるための手法となります。
そのため、強気な価格設定でも売却しやすくなるのがメリットです。
ホームステージングを実施しないまま、売り出し価格を高く設定した場合、問い合わせや内覧につながる可能性は低いといえます。
なかなか売却できないため、値下げせざるを得ない状況になるケースもあるでしょう。
ホームステージングによって見た目の印象が良くなれば、価格を維持しながら家の売却を進められます。

メリット3:高い集客効果を発揮できる

メリットとして、高い集客効果を発揮できることも挙げられます。
ホームステージングを実施すると、魅力的な画像をインターネット上に公開できます。
先述したとおり、家を探すときは、まず物件情報サイトや不動産会社のホームページを見る方が多いです。
検索した際に魅力的な画像が出てくれば、その家に興味を持ってもらえます。
画像を見て興味を持ってもらえなければ、ほかの家に目移りしたり内覧に至らなかったりするのがデメリットです。
閲覧者の興味を惹くような画像を載せれば、高い集客効果が期待できるでしょう。

この記事も読まれています:この記事も読まれています|実家じまいの方法とは?事前準備や処分方法をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

家の売却でホームステージングにかかる費用

家の売却でホームステージングにかかる費用

最後に、家の売却におけるホームステージングの費用相場を解説します。

居住しながらの場合の費用

居住しながらホームステージングをおこなう場合は、認定資格を持った専門のアドバイザーからのアドバイスを参考におこなうのが一般的で、費用は5万円が相場です。
居住中の場合、家具や照明などは備え付けの物を使用するケースが多いため、レンタルする必要はありません。
そして、自宅にあるものでどうしたら買主に良い印象をあたえることができるかのアドバイスを専門家にいただき、家をコーディネートし、売り出すのが一般的な流れとなっています。
なお、費用をカットしたい方はアドバイスのみいただき、ご自身でホームステージングおこなうといった方法もあります。

空き家の場合の費用

売却する家が空き家の場合、費用の相場は15万円~30万円です。
家具や照明、小物などを丸ごとレンタルすることになるので、居住中の場合より費用は高くなります。
ただし、レンタルするアイテムのグレードによって費用は異なります。
高品質なものを選んだり、レンタルするものが多かったりすると、その分費用も高額になるでしょう。
とくに水回りの演出は、費用が高くなりやすいので注意が必要です。

ご自身でコーディネートする場合の費用

売却時にご自身でホームステージングする場合、費用は数千円~数万円が相場です。
必要なアイテムをご自身で揃えるだけなので、大幅にコストカットできます。
雑誌やカタログなどを参考に、魅力的な家に仕上げてみてください。
インテリアがお好きな方や、DIYが得意な方なら、楽しみながらコーディネートできることと思います。

結果的にコストカットにつながる

家の売却時にホームステージングを実施すると、少額であっても費用がかかります。
そのため、通常の売却に比べてコストが増えるのがデメリットです。
しかし、ホームステージングは家の魅力を高めたり早期の売却を目指したりするための初期投資となります。
ホームステージングによって高値での売却も期待できるでしょう。
結果的にコストカットにつながる可能性が高いため、家の売却時にはぜひ取り入れたい手法です。

この記事も読まれています:この記事も読まれています|実家じまいの方法とは?事前準備や処分方法をご紹介

まとめ

中古の家を売却する際は、ホームステージングの実施がおすすめです。
早期の売却が見込めたり、高く売却できたりといったさまざまなメリットがあります。
ただし、家の状態によって費用は異なるため、予算の範囲内で実施することがポイントです。
枚方市の不動産売却なら「枚方不動産売却買取センター」へ。
売主様の利益を考えた売却スタイルでトータルサポートさせて頂きます。
どんな物件でも買取・売却をおこないますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ