空き家をレンタルスペースにできる!活用方法や注意点を解説

空き家をレンタルスペースにできる!活用方法や注意点を解説

不動産相続などにより、自分では使わない空き家を取得したものの、扱い方に悩んでいる方は多くいます。
近年、空き家の活用方法として「レンタルスペース」が注目されていますが、レンタルスペースとはどのようなものなのでしょうか。
今回はレンタルスペースとしての空き家の活用方法や、空き家をレンタルスペースにする際の注意点・デメリットを解説します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


空き家の活用方法として注目されるレンタルスペースとは

そもそもレンタルスペースとは、何らかの事情によって空いているスペースをレンタルするサービスのことです。
ビジネスモデルとして多いのは「時間貸し」で、1時間1,000円などのレンタル料金を受け取って部屋などを貸し出します。
類似する言葉に、「レンタルルーム」がありますが、レンタルルームの場合は個室として活用されることが一般的で、一方レンタルスペースはより多目的です。
空き家の場合はもともと住宅として使われていた建物ですので、あらゆる用途で利用するレンタルスペースとして有効活用できます。

▼この記事も読まれています
相続した空き家の管理方法とは?放置するデメリットや空き家問題について解説

レンタルスペースとしての空き家の活用方法

レンタルスペースの活用方法はさまざまですが、とくに多いのはギャラリーとして活用されるケースです。
美術品などを展示・販売する会場としての需要が高く、若手アーティストからも頻繁に活用されています。
ワークショップとして体験教室の会場として使われたり、作業場として使われたりする例も珍しくありません。
また、ハウススタジオとして活用され、映画やドラマといった映像作品の舞台になることもあります。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

空き家をレンタルスペースにするときの注意点やデメリット

空き家をレンタルスペースにするときの注意点は、集客方法を確立しなければ利用者を集められないことです。
たとえ立地や間取りが良い空き家だとしても、レンタルスペースとして活用していることが認知されなければ活用されないため、SNSなどで宣伝をおこないましょう。
鍵の受け渡しといったセキュリティ面については、万一の事態を想定して慎重におこなわなければなりません。
また、片付け・清掃といった作業を自分自身でおこなう必要が生じがちなこともレンタルスペースのデメリットです。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

空き家をレンタルスペースにするときの注意点やデメリット

まとめ

空き家の活用方法としてレンタルスペースが注目されています。
レンタルスペースは、ギャラリーやワークショップなど多くの用途で活用できるため、高い需要を見込めるでしょう。
セキュリティや清掃などの課題が残りますが、空き家の活用方法として検討する価値があります。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ