建物構造が木造のメリットとデメリットとはなに?

2023-11-24

木造

建物構造が木造のメリットとデメリットとは?

不動産購入において、建物構造が1つのポイントになるという方もいるでしょう。
実際、建物構造は安全な暮らしを送るためにも大切になので、不動産購入を検討しているのであれば、ある程度の基礎知識は必要です。
そこで、今回は建物構造の1つである木造についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

建物構造が木造である物件のメリット

木造物件のメリットは、他の構造と比較して費用がかなり抑えられる点にあります。
また、鉄筋コンクリート造と比較すると梁が少ないので、間取りの可変性に優れているのも大きなメリットです。
その他の建物構造と比較すると、気密性が低いのでデメリットと考える方もいらっしゃいますが、通気性が高くなるので、夏には熱がこもりにくいというメリットにもなります。

建物構造が木造である物件のデメリット

木造物件にはデメリットも存在します。
それが、防音、築古、害虫の問題です。
木造物件は他の建物構造と比較すると、どうしても防音性に難があります。
また、築古が抱える問題も見逃せません。
木造物件は築年数が経てば経つほど木材が傷むので、築古物件の場合耐火性や耐久性に問題があるケースも少なくないのです。
そのため、中古物件を購入する際には、デメリット考慮しておきましょう。
ほかにも木造住宅の場合、構造体に天然の木材を使用するので、シロアリなどの害虫被害にあうことも珍しくありません。
それを防ぐためには、定期的な点検や薬剤の散布が必要になるので、費用が必要になるということを覚えておきましょう。

木造の建物構造がおすすめな方とは

ここまで、木造のメリットとデメリットをご紹介してきました。
では、実際にどのような方が木造住宅に向いているのでしょうか?
木造住宅が向いているのは、建築費用を抑えたい方です。
木造住宅は構造体を木材でつくるため、その他の建物構造に比べて時間や手間がかかりません。
その分、費用が安くなる傾向にあります。
また、湿気が苦手な方にもおすすめです。
木材には調湿効果があり、梅雨などの湿気が多い時期になると、空気中の水分を木材が吸い込んでくれます。
それにより、結露やカビを抑えることが可能です。
このような調湿効果を踏まえるて考えると、木造は四季の変化に強く、日本の気候に合っていることが分かります。

木造の建物構造がおすすめな方とは

まとめ

建物構造には、いくつもの種類が存在します。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、まずはそれらを理解する必要があります。
メリットとデメリットを理解したうえで、ご自身が望まれる住宅をイメージしながら、建物構造を決めていきましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お客様のニーズに寄り添ったご案内が出来ると思います。

お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ