住宅ローンの種類と選び方とは?金利タイプや夫婦で使えるローンも解説!

住宅ローンの種類と選び方とは?金利タイプや夫婦で使えるローンも解説

住宅の購入にあたっては、多くの方が住宅ローンを利用します。
しかし、住宅ローンにもいくつかの種類があり、どれを選ぶべきか迷ってしまうものです。
住宅ローン選びで失敗しないためにも、ぜひローンの金利タイプや夫婦で使えるローンの詳細を見ておきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの種類と選び方

住宅ローンには、公的融資・民間融資・フラット35のおもに3種類があります。
公的融資とは公共機関が貸し出す住宅ローンで、住宅金融公庫融資や財形住宅融資、自治体融資などがあります。
自治体によっては、独自の融資を実施している場合があるのも特徴のひとつです。
一方、民間融資は民間の金融機関や保険会社が提供する住宅ローンで、融資条件や金利のタイプが借り入れ先によって異なります。
大きな特徴は、団体信用保険への加入が必須である点です。
また、フラット35は最長35年間金利が固定される住宅ローンで、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供しています。
ほかの住宅ローンとの主な違いは、融資の対象が住宅金融支援機構が定めた技術基準を満たした住宅の購入に限られる点です。

住宅ローンにおける金利タイプの種類と選び方

住宅ローンの金利は、以下の3タイプに分けられます。

●全期間固定型
●固定期間選択型
●変動型


全期間固定型は金利が借り入れ時から終了まで固定されるタイプで、将来金利が上昇したとしても、その影響を受けないメリットがあります。
ただ、金利が下がったときに、その恩恵が受けられない点は注意が必要です。
固定期間選択型は一定期間の金利が固定されるタイプで、期間終了後は変動型に移行するものと、再度固定金利を選べるものがあります。
変動型は返済中であっても市場金利に対応して金利が変動するタイプです。
なお、金利の見直しは半年ごと、返済額が変わるのは5年ごとなので、すぐに返済額が変わるわけではありません。

夫婦で使える住宅ローンの種類と選び方

夫婦共有名義で利用できる住宅ローンには、連帯債務型とペアローン型があります。
連帯債務型は、夫婦の一方が債務者となり、もう一方が連帯債務者もしくは連帯保証人となって住宅ローンを契約する方法です。
この場合、夫婦の収入を合算して借り入れ可能額の算出・審査がおこなわれます。
ペアローン型は夫婦がそれぞれローンを組む形で、それぞれの収入に合わせて借り入れる方法です。
住宅ローンの減税を夫婦それぞれが利用できるため、節税効果が期待できるメリットがあります。

夫婦で使える住宅ローンの種類と選び方

まとめ

今回は、住宅ローンの種類と選び方を解説しました。
住宅ローンの種類は公的融資・民間融資・フラット35、さらに金利タイプは全期間固定型・固定期間選択型・変動型に分けられます。
夫婦で利用できる住宅ローンもあるので、それぞれの特徴やメリットを踏まえて自分に合ったものを選びましょう!
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ