住宅ローンにおける親子リレーローンの仕組み!メリットや注意点を解説!

住宅ローンにおける親子リレーローンの仕組みとは?メリットや注意点を解説!

親子でマイホームを購入する際、親子リレーローンを利用することが可能です。
しかし、その仕組みやメリット、デメリットをよく理解しておかないと、後からトラブルに発展しかねません。
そこで今回は、親子リレーローンの仕組み、メリットと注意点についてお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンにおける親子リレーローンの仕組みとは?

親子リレーローンとは、契約者の親と後継者となる子の二世代で住宅ローンの返済をおこなうものです。
年齢の高い親と成人済みの子が融資を受け、はじめは親が返済し、定年退職などのタイミングで子が返済を受け継ぐ仕組みとなっています。
利用条件は金融機関によっても違いがありますが、親子の同居が必要となるケースもあるので確認が必要です。
また、審査においては親子ともに安定的な収入があるかどうかも重要なポイントになります。
親に問題がなくても、子の収入や滞納履歴に懸念があるため審査に落ちてしまうこともあります。

住宅ローンにおける親子リレーローンのメリットとは?

親子リレーローンのメリットは、余裕を持った返済期間で住宅ローンを組める点です。
一般的な住宅ローンは80歳までに返済することが条件となるため、親が高齢の場合は月々の返済額の負担が大きくなります。
しかし、親子リレーローンは子の年齢で返済期間を決定するため、最長で35年の住宅ローンを借りることが可能です。
また、借入可能額を増やせることもメリットでしょう。
親子の収入の合計で借り入れ額が決まるので、親子どちらかだけで住宅ローンを利用するときよりも高い金額で融資を受けられます。

住宅ローンにおける親子リレーローンの注意点とは?

親子リレーローンの注意点は、一般的に新たな住宅ローンの利用ができないことです。
親の返済期間中であっても、完済していない場合は新たな住宅ローンは契約できない可能性が高くなります。
そのため将来的に転勤があるなど、ローン対象の住宅を離れる可能性があるときは注意が必要です。
また、親が健康上の理由などで団体信用生命保険に加入できない場合も気を付けてください。
返済途中に親が死亡した場合、保険に加入していれば死亡保険金で返済できますが、保険に加入していなかったときはすべての残債を子が支払うことになります。
子の収入だけでは返済が難しくなることも考えられるので、慎重な検討が必要です。

住宅ローンにおける親子リレーローンの注意点とは?

まとめ

親子リレーローンは、年齢の高い親と成人済みの子が融資を受け、はじめは親が返済し、あるタイミングで子が返済を受け継ぐ仕組みの住宅ローンです。
借入可能額を増やせるなどのメリットもありますが、注意点も存在するので、親子で話し合い慎重に検討することをおすすめします。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ