不動産売却のためにおこなう訪問査定を解説!

不動産売却のためにおこなう訪問査定とは?

不動産売却を検討されていると言っても、少しでも早く売却したい方、価格を知りたい方など、状況も温度感もさまざまです。
状況や温度感に関わらず不動産売却の相談を受けしたら、不動産の査定をすることをおすすめします。
今回は訪問査定についてメリット・デメリットや訪問査定を受けるための準備についてお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の際におこなう訪問査定と机上査定の違いとは?

訪問査定とは不動産売却の際に必ず行う査定方法のひとつで、実査定とも呼ばれます。
不動産会社の担当者がその不動産を訪問、不動産の基本情報の他に所有者からの聞き取りをおこない、実際に物件を見て査定額を出します。
査定には訪問査定の他に机上査定もありますが、机上査定とは不動産の基本情報から査定する方法です。
訪問査定と机上査定の大きな違いは不動産会社の担当者が物件を訪れて建物を実際に確認するところです。
訪問査定の方が精度の高い査定結果を得られるため、不動産売却を真剣に検討されている方には訪問査定、不動産のおおまかな価値を知りたい方には机上査定がおすすめです。

不動産売却の際におこなう訪問査定のメリット・デメリットとは?

訪問査定も机上査定も基本的に費用はかかりませんが、訪問査定は机上査定よりも、より精度の高い査定額を知ることができるというメリットがあります。
訪問査定の際に、不動産会社の担当者とのコミュニケーションを取れることもメリットと言えるでしょう。
良い条件での不動産売却を目指して、売却活動や契約は慎重におこなう必要があります。
査定額の根拠や販売戦略について質問するなどして、不動産会社の担当者が真摯に対応してくれそうか、ご自身の不動産売却のパートナーとするか見極めてください。
デメリットは査定に時間がかかること、書類の用意や掃除などの準備に手間がかかることです。

不動産売却の際におこなう訪問査定に必要な準備とは?

訪問査定では一般的に登記済権利証・固定資産税納税通知書・登記事項証明書・間取り図・建築確認通知書、マンションの場合は管理規約と長期修繕計画表も必要になります。
ご自身の不動産の状態を理解して売却相場を事前に調べておくことも、査定額が正しいか判断するために重要です。
掃除をして綺麗に見せることは高い査定額につながる可能性があり、水回りなどハウスクリーニングをすることもおすすめです。
良くも悪くも不動産会社の担当者に伝えるべきことは、まとめておくと良いでしょう。
アピールポイントを的確に不動産会社の担当者に伝えることで、査定額が高くなる可能性もあります。

不動産売却の際におこなう訪問査定に必要な準備とは?

まとめ

訪問査定とは実査定とも呼ばれる不動産査定方法の一つで、実際に不動産会社の担当者がその不動産を訪れます。
訪問査定は机上査定よりも査定額が出るまでに日数がかかり、事前準備も必要ですが、より精度の高い査定額を出せるいうメリットがあります。
不動産売却を具体的に検討されている方にはおすすめの査定方法です。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら



ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ