相続時に固定資産税がかからない土地とは?活用方法もご紹介

2023-01-24

相続時に固定資産税がかからない土地とは?活用方法もご紹介

土地を所有していると固定資産税がかかるものですが、実はかからない土地があるのをご存じでしょうか。
このような土地を相続したときに、どうやって活用すれば良いのか悩んでしまう方もいます。
今回は、相続時に固定資産税がかからない土地の特徴や相続税について、活用方法などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続時に固定資産税がかからない土地とは

相続時に固定資産税がかからない土地は「課税標準額」が低い場合です。
固定資産税を決めるときに、課税標準額が低い場合には税金が免除されます。
土地は30万円未満であれば、固定資産税がかかりません。
また、地方税法により指定された国有林・保安林・墓地・私道なども、固定資産税がかからない土地です。

固定資産税がかからない土地でも相続税はかかる

先ほどお伝えした部類に入る土地は固定資産税がかかりませんが、このような土地を相続した場合には相続税がかかります。
相続税と登録免許税がかかるので、2種類の税金を納めることになります。
相続税は相続した財産に対して課せられる税金で、登録免許税は相続した不動産を登記するときに課せられる税金です。
油断していると、相続税や登録免許税がかかり焦ってしまうこともあります。
そうならないためにも、相続税は別物だと認識し正しい対処をしましょう。
また、遺産の総額が基礎控除を超えたなど条件に該当すれば、申告しなければならないので注意が必要です。

固定資産税がかからない土地の活用方法とは

相続した土地を使う予定がなければ、売却をして売却代金を得るという活用方法があります。
土地が広い場合には、太陽光発電システムを設置するのもおすすめです。
集客は不要なので設置後は定期的にメンテナンスをするだけで良く、過疎地域でも活用しやすい方法になります。
相続予定の土地が不要だと判断した場合は、相続放棄をすることも可能です。
裁判所のホームページで申述書をダウンロードできるので、そちらで必要書類を揃えて準備をします。
相続放棄を自分でおこなうには数千円で済みますが、弁護士などに依頼をすると数万円の費用がかかります。
ただし、土地以外にも相続予定の財産があった場合、それらもすべて放棄となるので注意しましょう。

固定資産税がかからない土地の活用方法とは

まとめ

固定資産税がかからない土地とは、課税標準額が低い場合や国有林など地方税法により定められた土地です。
これらの土地は、売却して売却金を得る、太陽光発電システムを設置するという活用方法があります。
相続したくない場合には、相続放棄もできるので自分に合った方法を検討してください。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ