AI不動産査定完全ガイド:メリット、デメリット、正確性 - 不動産売却・査定の新常識

2024-03-03

不動産のAI査定の仕組みやメリット・デメリットとは?

不動産売却の際、多くの方が最高の価格を求めています。従来の不動産査定方法に加え、現代ではAI技術を活用した査定が登場しています。このAI不動産査定は、迅速かつ効率的な価格算出を可能にし、不動産売却査定のプロセスを大きく変革しています。しかし、この革新的なアプローチはどれほど信頼できるのでしょうか?

本記事では、AIによる不動産査定の背後にある技術、そのメリットとデメリット、そしてその信頼性について詳しく解説します。不動産査定を検討する際に、AI査定がどのように機能し、従来の方法とどのように異なるのかをご説明致します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産のAI査定の仕組みとは?

AI査定は人工知能を利用して、不動産の価格を素早く査定する仕組みです。
AI査定では、査定対象の不動産に類似している物件の売買データを元に、査定価格を算出します。
従来の不動産査定でも類似している物件を調べて算出していましたが、AI査定のほうが早いスピードで算出が可能です。
しかし、すべてのAI査定が同じデータを扱っていると限らないため、AIによっては精度が低い可能性もある点に注意しましょう。

不動産のAI査定のメリットとは?

メールアドレスの登録のみで査定が可能で、誰にも知られずに査定がおこなえます。

  • ①迅速な査定: 数分以内に査定結果を得られるため、時間を節約できます。

  • ②アクセス性: オンラインで簡単に査定を受けることができ、現地調査等の査定の必要がありません。

  • ③匿名性: 個人情報の提供なしに査定額を知ることが可能です。

不動産のAI査定のデメリットとは?

  • 精度の問題: 物理的な検査を伴わないため、査定価格が実際の市場価格と異なる場合があります。

  • 日当たりや室内の状況など現地確認をおこなっていないため、実際の売却価格とは異なる金額が算出されます。
    実際に取引される金額と誤差が大きくなりやすいため、注意が必要です。
  • 一戸建ての査定の限界: 独特の特性を持つ一戸建ての場合、AI査定の精度が低下する可能性があります。

AI査定では過去の売却例を元に査定額を算出しています。
マンションであれば同じ物件が売却されている可能性もありますが、一戸建ての場合は類似物件からの算出になるため精度が高いとはいえません。
そのため、マンションの査定価格の相場を算出する際には利用できますが、一戸建てや正確な金額の算出には向いていません。
正確な査定価格や、リフォームなどをおこなった一戸建ての場合には、不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。

不動産のAI査定のデメリットとは?

まとめ

不動産のAI査定の仕組みや、メリット・デメリットについてご紹介してきました。
不動産のAI査定は、その便利さと効率性から、不動産売却プロセスにおいてますます重要な役割を果たしています。しかし、そのメリットを最大限に活用するためには、その限界を理解し、必要に応じて従来の査定方法と組み合わせることが重要です。不動産の売却を検討している方は、AI査定の可能性を探るとともに、その精度と信頼性を慎重に評価することをお勧めします。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ