二世帯住宅の売却!3つのタイプと売却時の注意点をご紹介

2023-02-10

二世帯住宅の売却!3つのタイプと売却時の注意点をご紹介

二世帯住宅の売却を検討している方であれば、しっかり売却できるのか気になるかもしれません。
建物の形態が特殊な二世帯住宅であっても、買い手を見つけやすくする方法があります。
この記事では、二世帯住宅の3つのタイプ、売却しにくい理由、売却時の注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

二世帯住宅の売却!二世帯住宅の3つのタイプ

二世帯住宅と一括りにいっても形態はさまざまあります。
「完全分離型」と呼ばれるものは、世帯ごとに居住スペースが分離されており、それぞれが一戸の住宅として完結した機能をもちます。
生活動線が交わらないためプライバシーを守れる点が特徴的です。
「一部共用型」は名前のとおり、一部の空間を共用できるように設計された住宅です。
玄関・キッチン・トイレなどを共用するケースが多いでしょう。
「完全同居型」は個室以外のすべての部屋を二世帯で共用する住宅です。
建築費を安く抑えられますが、プライバシーを守りにくい特徴があります。

二世帯住宅の売却!売却しにくい理由

二世帯住宅は新築時の工事にかかる費用などから、一般的な住宅に比べると売り出し価格が高い傾向にあります。
また、核家族化が進む現代において二世帯住宅の需要は減少しつつあります。
しかし、少子高齢化によって一部では需要が高まっているでしょう。
買主に二世帯住宅を希望する方が現われたとしても、住宅の形態が買主の家庭のライフスタイルに合うとは限りません。
そのため、一般的な住宅よりも売却しにくいのです。
また、二世帯住宅を売却する原因として、家族の死・離婚・ローンの滞納などを疑う買主が少なくありません。
買主の心理的瑕疵に対する警戒心も売却を長引かせる要因の1つといえるでしょう。

二世帯住宅の売却!売却時の注意点

二世帯住宅は建築費が高いことから、親子が共同で資金を出して購入するケースが多いでしょう。
親が亡くなったタイミングで売却するのであれば、まず登記を変更する必要があります。
また、居住スペースの生活感にも注意が必要です。
子供から高齢者が生活する二世帯住宅は、生活の痕跡が残りやすいため、売り出し前にハウスクリーニングをしても良いかもしれません。
最近では訪日外国人が増加傾向にあるため、シェアハウスとして活用することもできるでしょう。

二世帯住宅の売却!売却時の注意点

まとめ

二世帯住宅の3つのタイプ、売却しにくい理由、売却時の注意点についてご紹介しました。
二世帯住宅にはさまざまな形態があり、売り出し価格や買主の家庭のライフスタイルとの相性から売却しにくい特徴があります。
売却する前に、登記や清掃をおこなうようにしましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ