不動産の売却査定の相場は?自分で調べる際の注意点と高く売るコツを解説

2023-02-14

不動産の売却査定の相場は?自分で調べる際の注意点と高く売るコツを解説

不動産の売却価格を知るには不動産会社へ査定を依頼することが一般的ですが、自分で大まかな相場を調べることもできます。
事前に相場感を掴んでおくことは、不動産会社から提示される売却査定額の妥当性を判断するためにも大切です。
そこで今回は、不動産の売却査定額の相場を自分で調べる方法と注意点について解説したうえで、相場より高く売るコツをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却査定額の相場を自分で調べる方法は?

不動産の売却査定額の相場は、インターネットを用いて簡単に調べられます。
レインズマーケットインフォメーションは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているウェブサイトです。
直近1年間に売買されたマンション・一戸建ての取引価格が掲載されています。
土地総合情報システムは国土交通省が運営しているウェブサイトで、実際に売買された取引価格を検索できます。
自分で売却査定額の相場を調べる場合は、これらのウェブサイトを利用して、近隣にある類似物件の取引価格を確認してみましょう。

不動産の売却査定額の相場を自分で調べる際の注意点

自分で売却査定額の相場を調べるときには、次の3つの注意点を意識することが大切です。

●相場どおりの価格での売却は難しい
●条件の違いを考慮する
●時間の経過とともに相場は変動する


まず、自分で調べた相場価格はあくまでも参考価格のため、まったく同じ価格で売却することはできないと考えておきましょう。
不動産は、世の中に同じものが2つとありません。
一見似ているように見える物件でも、1つ1つ条件が異なり、売却査定額にも差がでてくると意識して相場の調査をおこなうことが大切です。
また、不動産の相場は時間の経過とともに変動するため、いつまでも同じ価格ではないことを理解しておく必要があります。

不動産売却査定の相場よりも高く売るコツとは?

不動産を売却査定相場より少しでも高く売るには、値引き交渉を見据えた価格設定が大切です。
不動産の売買取引では頻繁に値引き交渉がおこなわれるため、適正価格より少し高めに設定すると良いでしょう。
また、売却前にインスペクションを実施すると高く売れやすくなります。
インスペクションとは専門家による住宅診断のことで、合格するには国土交通省の定める基準を満たさなくてはなりません。
インスペクションに合格すると値引きされにくくなるほか、買主に安心感を与えることができます。
さらに、タイミングを逃さないことも高く売るコツの1つです。
不動産が高く売れる時期は、4月の新生活を迎える前の「1月から3月」、次いで9月の移動に向けた「7月・8月」です。
不動産売却を決意してから、売却活動が始まるまでに1か月ほど要します。
高く売れるタイミングを逃さないよう、逆算して売却準備を始めましょう。

不動産売却査定の相場よりも高く売るコツとは?

まとめ

不動産の売却を決めたなら、まずは自分で相場感を掴んでおくことが大切です。
不動産価格の実情や傾向を把握したうえで、自信をもって交渉の場につきましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ