入札方式による不動産の売却とは?メリット・デメリットや流れをご紹介!

2023-03-03

入札方式による不動産の売却とは?メリット・デメリットや流れをご紹介!

入札方式による不動産の売却は、以前から地方自治体や企業の間などでよく活用されていましたが、最近では個人の不動産売却でも利用されていることをご存じでしょうか?
ここでは、入札方式による不動産の売却とはどのようなものか、メリット・デメリット、流れをご紹介いたします。
不動産の売却をどのようにしようか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

入札方式による不動産の売却とは?

入札方式による不動産の売却とは、1つの物件に対し、複数の方が買い取りを申し出て、そのなかで1番高い値をつけた方に売却する方法です。
一般的な不動産の売却との違いは、取り引きの方法です。
一般的な不動産の売却は、売却活動により買主を探して、売主と買主双方が合意する条件で契約する「相対方式」の取り引きとなります。
一方で、入札方式による不動産の売却の場合、複数の購入希望者のうち、もっとも高い金額で購入すると申し出た方に売却する取り引きとなります。
方式としては、競り上がりとポスティングの2種類がありますが、一般的なのはポスティング方式です。
ポスティング方式は、売主の希望価格を参考にして、入札参加者1人につき、1回のみ入札できます。

入札方式による不動産の売却のメリット・デメリットは?

入札方式による大きなメリットは、購入希望者同士で価格を競り合うため、売主が希望する価格より高額で売却できる可能性がある点です。
また、一度に複数の購入希望者を募集できるため、短期間で効率良く売却できる可能性の高い点もメリットとなります。
一方で、入札方式であっても、一般の不動産の売却と同様、購入希望者が複数現れなかったり、購入希望者が現れなかったりする可能性もあるデメリットがあります。

入札方式による不動産売却の流れは?

まず、不動産会社へ査定を依頼し、相場の確認をしましょう。
そして、仲介代理人を決め、依頼する不動産会社と媒介契約を締結します。
仲介の不動産会社と相談して、売り出し価格を決めて、不動産会社が入札参加者を募集します。
入札を実施して、もっとも高い金額で購入すると申し出た方と売買契約を結んで、不動産を引き渡したら売却完了です。

入札方式による不動産売却の流れは?

まとめ

入札方式による不動産の売却は、1つの物件に対し、複数の方が買い取りを申し出て、そのなかで、もっとも高値をつけた方に売却します。
実際に不動産を売却する際には、メリット・デメリット、流れを把握したうえで、入札方式による売却にするのかどうか、よく検討するようにしましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ