農地相続の納税猶予制度完全ガイド: 手続き、対象農地、注意点まで徹底解説

農地の納税猶予とは?手続きや注意点について解説

農地を相続する際、相続税の負担を理由に手放すことを検討する方も少なくありません。しかし、納税猶予制度を活用することで、相続税の心配なく農業を継続できる可能性があります。本稿では、納税猶予の条件、必要な手続き、及び留意すべき点を詳細に説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

農地の納税猶予とは

農業を支援し、農地の引継ぎを促進するために設けられた納税猶予制度は、主に2つの特例に分かれています。第一は、生前の贈与に伴う贈与税、第二は、相続による相続税が猶予の対象となります。ただし、対象となる農地は限定されており、具体的には以下の条件を満たす農地が含まれます。

  • ・相続人が農業目的で使用していた農地
  • ・市街化区域外で第三者に貸し付けられていた農地
  • ・生産緑地内で農園用地として貸し付けていた農地

農地の納税猶予を受ける手続き

納税猶予を受けるための手続きは、農業経営の実態を証明する第一歩として、地元市町村の農業委員会から証明書を取得することから始めます。この証明書は、農業経営が実際に行われていることの公式な証明となり、納税猶予申請の重要な根拠となります。証明書取得後、税務署に向けて納税猶予の適用を正式に申請し、納税猶予資格の確認を受けるために必要な書類を提出します。この段階での書類提出は、申請者が納税猶予を受ける資格があることを証明するためのものです。資格確認の結果、適格であれば農業委員会から「納税猶予に関する適格者証明書」が発行され、これにより正式に猶予が認められます。さらに、猶予期間を通じて、3年ごとに猶予の継続を申し出る必要があり、「継続届出書」の提出が求められます。この届出は、猶予条件を満たし続けていることの確認と、猶予の恩恵を受け続けるための重要な手続きです。

納税猶予を受ける際の注意事項

納税猶予制度は、相続や生前贈与によって農地を受け継ぐ場合に限定されており、第三者への贈与では適用されません。この点は、制度を利用する上での重要な制限事項として理解しておく必要があります。また、猶予期間が終了した後に農地を手放す場合、原則として猶予されていた税金の支払いは不要です。しかし、猶予期間内に農地を売却する場合は、相続税に加えて利子税を支払う必要があります。この利子税は、相続税に対して年3.3%から6.6%の範囲で加算される税金で、納税猶予のメリットを享受する上での注意点です。耕作が行われていない土地は納税猶予の対象外となるため、災害や土地改良、行政事業による一時的な耕作不能の場合でも、事前に農業委員会に確認し、必要な措置を講じることが推奨されます。

農地の納税猶予を受ける際の注意点とは

まとめ

農地を相続する際には、納税猶予制度を活用することで相続税の負担を軽減できます。手続きの流れや対象条件を正確に理解し、適切な準備を行うことが成功の鍵です。制度を上手く利用して、貴重な農地を守り、農業の継続を図ることができれば、農業経営の未来に大きな希望をつなげることができるでしょう。納税猶予制度は、農業を継続しようとする農家にとって非常に価値のある支援策であり、その詳細を把握し、適切に活用することが推奨されます。

受け継いだ土地での農業を楽しみましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

宮鼻伸治の画像

宮鼻伸治

資格:ファイナンシャルプランナー3級

お客様へ寄り添い、ベストな物件のご提案をさせて頂きます。

宮鼻伸治が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ