【家売却時に検討すべき】既存住宅売買瑕疵保険の全て:メリットとデメリット、加入のポイント

2024-04-28

家の売却時に加入したい既存住宅売買瑕疵保険のメリットとデメリット

家を売却する際、発生しうる雨漏りや白アリ被害、その他の構造的問題に対する費用や責任は一体どうなるのでしょうか?この記事では、そうした問題をカバーする既存住宅売買瑕疵保険の利点と潜在的な弱点を詳しくご説明します。家の売却を考えている方には、是非この情報を参考にしていただければと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却する際に加入したい既存住宅売買瑕疵保険とは

家を売る際、発生する可能性のある問題には「契約不適合責任」という法的な責任が伴います。これは、売買契約の記載内容と実際の物件の状態が異なる場合、売主が修理費用の支払いや契約の解除を求められる可能性があるというものです。重大な瑕疵がある場合には、数百万円の負担や契約解除、損害賠償が必要となることもあります。ただし、既存住宅売買瑕疵保険に加入していれば、こうした費用は保険でカバーされることになります。床や壁、基礎といった主要部分や、屋根や窓といった雨水の侵入を防ぐ部分が保険の対象となり、売却後最大5年間有効です。任意での加入ですが、万が一のリスクを考慮すると加入が推奨されます。保険料は、物件の広さや期間、法人か個人かによって異なり、検査料を含めて約7万円から14万円が相場となっています。

買主にも売主にも嬉しい売却時に加入する既存住宅売買瑕疵保険のメリット

既存住宅売買瑕疵保険に加入する最大のメリットは、購入者が受けられる税金の優遇措置です。登録免許税の軽減や不動産取得税の軽減、住宅ローン控除の適用基準の緩和、贈与税の住宅取得等資金の非課税制度の適用など、多岐にわたります。また、保険への加入が買い手にとっての安全性の証明にもなり、物件の購入につながりやすくなります。欠陥が発見されても修理費用は保険で補償されるため、売主にとっても安心です。

家を売却する際に発生する既存住宅売買瑕疵保険のデメリット

多くのメリットがある一方で、既存住宅売買瑕疵保険にはデメリットも存在します。保険加入前の審査で問題が見つかった場合、再審査を受ける前に改修費用が発生することがあります。特に、1981年の建築基準法改正以前に建てられた旧耐震基準の家は、大規模な修繕が必要です。

家を売却する際に発生する既存住宅売買瑕疵保険のデメリット

まとめ


株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

売却査定

お問い合わせ