自宅を査定してもらうときに準備しておくべき書類について解説!

自宅を査定してもらうときに準備しておくべき書類について解説!

自宅を売却しようと考えたら、まず真っ先に気になるのは売却価格ではないでしょうか。
査定を依頼する際、いくつかの書類を準備することによって、より正確な価格を導き出してもらうことが可能です。
そこで今回は、自宅を査定してもらうときに準備しておくべき書類について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

自宅の査定時にあると良い書類①不動産購入時の書類

自宅を購入した当時に受け取った下記の書類は、査定時に用意しておくと良いでしょう。

契約書・重要事項説明書

契約書や重要事項説明書は、物件を購入したときの状態や条件などが詳しく記載されています。
詳細の調査をおこなわずともある程度の状況を把握できるため、用意しておくことをおすすめします。

間取り図

物件購入時の書類に添付されている間取り図、マンションの場合は分譲時のパンフレットがあると良いでしょう。
詳しい間取りがわかると売却時のターゲットを想定しやすくなり、魅力的な広告の打ち出し方法を検討できます。

自宅の査定時にあると良い書類②住宅ローン関連の書類

住宅ローンを利用して物件を購入した場合、売却によってローンの一括返済ができるかどうかが重要なポイントです。

住宅ローンの残高証明書

住宅ローンが残っている方は、融資を受けている金融機関に残高証明書の発行を依頼しましょう。
不動産取引をおこなう際は、設定されている抵当権を抹消しないと売却はできません。
そのため、残債がどれくらい残っているのかが売却価格を決定するうえで重要な要素になるのです。

住宅ローンの返済予定表

毎月の資金計画がどのようなものになっているのかを示す「返済予定表」もあると良い書類のひとつです。
毎月の返済額が具体的にわかるので、どのような方が購入のターゲットになるのかをイメージしやすくなります。

自宅の査定時にあると良い書類③登記簿謄本と測量図

不動産の所有者や面積などの公的な情報を伝えるため、下記の書類も揃えておくと良いでしょう。

登記簿謄本

登記簿謄本には、その不動産の所有権や築年数など、公的に登録されている情報が多く記載されています。
所有権と査定を依頼している方が同一であると確認できれば、身分証代わりにもなります。

測量図

過去に境界確定作業を実施したことがあれば、測量図も用意しておきましょう。
土地の面積や形状が正確にわかるため、適切な査定価格に近づけることが可能です。

自宅の査定時にあると良い書類③登記簿謄本と測量図

まとめ

今回は、不動産の売却を検討している方に向けて、自宅を査定してもらうときに準備しておくべき書類について解説しました。
手元に書類がなくても査定依頼は可能なので、売却価格が気になる方は一度不動産会社に相談しましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ