事業用不動産を購入する際の流れは?購入のメリットとデメリットも解説

事業用不動産を購入する際の流れは?購入のメリットとデメリットも解説

資産運用の手段として、事業用不動産の取得を検討する方が増えています。
事業用不動産とは、店舗、事務所ビル、マンションなど収益を得ることを目的に所有される不動産です。
では、実際にどのような流れで取得したら良いのでしょうか?
この記事では事業用不動産を購入する流れと購入することのメリットとデメリットを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

事業用不動産を購入する流れ

事業用不動産の購入を決めたら、まず収支計画をたてることが必要です。
収支計画は、将来にわたる収入と支出を見積もり、安定した運用をするために大切です。
完成したら、物件を探しましょう。
仲介業者に紹介してもらうのがおすすめです。
物件が見つかれば、売主に購入の意志表示となる買付証明書を提示します。
提示後は、売買契約締結に向けて買主と売主の交渉が始まることになります。
契約を締結し、物件の引き渡しを受けると同時に、物件の管理を委託する管理会社を選びましょう。
管理会社は所有者に代わり、入居者の募集・物件のメンテナンス・クレーム対応などをおこないます。
管理のプロなので安心して運営を任せることができます。

事業用不動産を購入することのメリットとは?

多額の自己資金を用意せずに、物件を取得できるのがメリットです。
金融機関から資金を調達できれば少額の自己資金で投資を始めることができます。
物件を担保に入れるため、無担保のローンよりも低い金利となるのが一般的です。
金融機関は、家賃収入の減少などで返済ができなくなっても、担保を処分して貸出金の返済に充てることができます。
銀行にとってはリスクが少なく、低い金利で借りることができるのです。
インカムゲインが得られるのもメリットとなります。
インカムゲインとは、継続的に得られる利益です。
不動産においては、家賃収入のことを指します。
市場調査をおこない、稼働率の高い物件を取得すれば、安定的な利益が期待できるのです。

事業用不動産を購入することのデメリットとは?

投資金額が大きいのが、一番のデメリットです。
必要資金を借入で調達できれば、自己資金が少なくても取得できます。
しかし、収入は変動すること、返済や金利負担などを考慮して投資金額を決めることが重要です。
また、災害リスクがあるのもデメリットです。
不動産には災害リスクがついて回ります。
地震、噴火、津波などで運用ができなくなることもあります。
常に災害に対する備えをしておかなければなりません。
そのほかにも、流動性に欠けるというデメリットがあります。
流動性とは、現金が必要となったときにすぐ換金できるということです。
不動産の売却は、株式や投資商品に比べて現金化まである程度の時間を要します。
近い将来に使用する予定がある資金は投資には回わさないようにしましょう。

事業用不動産を購入することのデメリットとは?

まとめ

事業用不動産を購入する際の流れと購入のメリットとデメリットを解説いたしました。
投資運用期間は長期にわたります。
安定した利益が維持、確保できるようにしっかりと計画をたてることが大切です。
この記事が、購入をご検討中の方にとっての参考になれば幸いです。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ