ミッドセンチュリーとは?北欧デザインとの違いやリノベーションのコツ

ミッドセンチュリーとは?北欧デザインとの違いやリノベーションのコツ

不動産を購入した後、もっとおしゃれなお部屋にリノベーションしたいとお考えの方もらっしゃるでしょう。
最近注目されているのが、ミッドセンチュリーです。
不動産売買後にリノベーションを検討している方は、北欧デザインとの違いも含めぜひチェックしてください。
ミッドセンチュリーとはどのようなデザインなのか、リノベーションのコツなどもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

リノベーション時のデザイン「ミッドセンチュリー」とは何か

リノベーションをするときに近年注目されているのが、ミッドセンチュリーというデザインです。
ミッドセンチュリーとは、木やタイルをふんだんに使い、ミッドセンチュリー・アメリカンのぬくもりを演出したデザインのことを言います。
木のぬくもりを演出しつつ、差し色に黒を使ってメリハリを出すのが特徴です。
あたたかさのなかにモダンな雰囲気を出しているのが、このデザインの魅力でしょう。
天井はわざとダクトをむき出しにしたり、キッチンやカウンターの天板を黒にしたりするというのがポイントです。
キッチンに吊戸棚を設けずに、広く見せつつカウンター収納を配置して収納力を確保するなどの工夫も注目されているポイントと言えます。

リノベーション時のデザイン「ミッドセンチュリー」と北欧デザインの違いとは

同じように木のぬくもりを感じられるデザインとして思い出されるのが、北欧デザインです。
北欧デザインも、シンプルで丸みのある柔らかなテイストですが、この2つは少し違いがあります。
北欧デザインは、北欧の寒さでも気持ちが暗くならないように、見た目に優しくやわらかな印象になるような工夫がされています。
これに対して、ミッドセンチュリーは、モダンですっきりとしているのが特徴です。
どちらも日本では人気のあるデザインですが、差し色やデザインには違いがあります。
ナチュラルかモダンか好みに合わせて選択すると良いでしょう。

ミッドセンチュリーにリノベーションするコツ

リノベーションをするコツはモダンテイストにすることです。
そのためには、内装を都会的なデザインで仕上げることが大切になります。
まずはポイントとなるカラーを決めましょう。
部屋のなかにポイントとなるカラーを配置することで、雰囲気を出しやすくなります。
差し色としてポップなカラーを使うのも良いですが、部屋の雰囲気や家具との統一感が出るカラーを選ぶのがコツです。
フローリングはオークやチークなどの明るすぎず暗すぎない色合いが良いでしょう。
無垢フローリングなら経年変化による色の違いも楽しめます。
アクセントウォールを設けるのもコツです。
お部屋の一部の壁の色を変えてコーディネートを楽しむのも良いでしょう。

ミッドセンチュリーにリノベーションするコツ

まとめ

モダンなのにどこか温かみを感じられるのが、ミッドセンチュリーの魅力です。
リノベーションをするときには、長く居心地が良い空間を作ることが大切です。
デザインの魅力やリノベーションをするときのコツなどを押さえて、おしゃれなお部屋作りをしましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ