不動産売却時に必要な付帯設備表とは?記載事項や注意点を解説

不動産売却時に必要な付帯設備表とは?記載事項や注意点を解説

不動産を売却するときに必要ないくつかの書類なかに「付帯設備表」があることをご存じでしょうか。
付帯設備表には何をどのように書けば良いのか疑問に思っている方も多いでしょう。
ここでは付帯設備表とは何か、また書かなければならない記載事項や注意点について解説していきます。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


不動産売却時に必要な付帯設備表とは

付帯設備表とは、不動産売却時に設備について故障や不具合があるか詳しく記載したリストのことを言います。
代表的な項目には冷暖房器具やキッチン設備、その他にも給湯器やインターフォンなどがあります。
中古物件ではこれらの設備が劣化している可能性が高いため、設備の状態を買主にしっかりと伝えて、納得してもらったうえで契約をしなければなりません。
万が一記載内容に不備があった場合は、売主側が何らかの補償をしなければならない可能性もあるため、トラブルを未然に防ぐためにも付帯設備表は正確に作成する必要があるのです。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

不動産売却時に必要な付帯設備表の記載事項

不動産売却時に必要な付帯設備表ですが、まずは「主要設備」について記載します。
主要設備には電気・ガス・灯油などの「給湯関係」、浴槽や洗面台などの「水回り関係」、冷暖房器具などの「空調関係」などの項目があります。
主要設備以外の「その他の設備」として記入が必要な項目は、照明関係、収納関係や建具、アンテナなどです。
これ以外にもメーカーによる保守が必要な設備は「特定保守製品」として記載が必要になります。
たとえば屋内式瞬間湯沸かし器や石油給湯器などが例として挙げられます。
これらの設備の有無、設備の名称、不具合の有無や詳細が、必要な記載事項です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

不動産売却時に必要な付帯設備表を記入するときの注意点

付帯設備表を記入するときには、まず各設備の動作確認をしましょう。
ただ、売主だけでは客観的な判断ができていないこともあります。
たとえば開け方のコツがあるような立てつけが悪い扉に対して「不具合がない」と評価してしまうことが考えられます。
そのため、動作確認時には不動産仲介業者に立ち会ってもらうと良いでしょう。
また、撤去すべきか迷うような設備もあると思います。
そういった場合は自己判断で残さずに、不動産仲介業者の担当者に相談することをおすすめします。
中古物件はどんなに状態が良い設備でも経年劣化は避けられません。
動作に問題がなくても、経年劣化しているであろうという注意も詳しく記載することが大切です。

▼弊社が選ばれている理由はスタッフにあります
スタッフ一覧

不動産売却時に必要な付帯設備表を記入するときの注意点

まとめ

不動産売却の際に必要になる付帯設備表とは何か、また記載事項と注意点について解説しました。
不動産売却は人生をとおしても数少ないイベントです。
買主に気持ちよく購入してもらうためにも、物件に付随する設備の細かい部分までチェックしましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ