不動産の売却時に買取保証を利用するメリットや条件とは

不動産の売却時に買取保証を利用するメリットや条件とは

不動産の売却を考えている方のなかには、もしも売却できなかったらという不安を抱えている方もいるでしょう。
不動産会社によっては、売却を仲介する物件に対して買取保証を設けている場合があります。
今回は、不動産の買取保証とは何か、買取保証のメリットや売却時に利用するための条件についてご紹介します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


不動産売却における買取保証とは

どんなに条件の良い物件であっても、売り出しのタイミングなどによって思うように売却できないケースはあります。
そのような場合、事前に買取保証をつけておけば、仲介を担当した不動産会社に物件を買い取ってもらうことが可能です。
買取保証とは、不動産会社が不動産の売買を仲介した際、物件が一定期間内に売れなかった時に不動産会社で買い取る制度になります。
買取価格は相場より安くなるものの、物件が売却されるまでの期間が保証されるため、売主の方は安心して売却を任せられるでしょう。

▼この記事も読まれています
相続した空き家の管理方法とは?放置するデメリットや空き家問題について解説

不動産売却時に買取保証を利用するメリット

買取保証を利用すれば売却期限が確定するため、いつまでも売れなかったらという不安を抱える必要はありません。
期限内に個人の買主に購入してもらえなくとも、不動産会社に買い取ってもらえるという安心感があるため、切羽詰まった売却活動をおこなわなくて良いというメリットもあります。
また、不動産会社に買い取ってもらうことになった場合は、仲介手数料を支払う必要がありません。
さらに、本来ならば売主が負うべき契約不適合責任も免責になるため、瑕疵のある物件でも問題なく売却可能です。
物件の売却時に安心感がほしい、焦って売却活動をしたくないという方は、買取保証について不動産会社に相談してみると良いでしょう。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

不動産の売却時に買取保証を利用するための条件

買取保証は、どんな不動産取引においても適用できるわけではありません。
物件を売却する際に選べる仲介の契約形態はいくつかありますが、専属専任媒介契約だけが買取保証を利用できます。
これは、不動産の売却に必要な広告活動の一切を単一の不動産会社に任せるという契約形態であり、売主個人で買主を探すことも認められません。
契約できる不動産会社が1社に限られるため、慎重に会社を選ぶ必要があります。
また、売却する不動産に買い手がつくような需要がなければ、買取保証は利用できません。
旧耐震基準に準拠して建てられた物件や、専有面積が40㎡以下の物件、交通の利便性が悪く人口の少ないエリアにある物件は、買取保証を利用するのが難しいです。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

不動産の売却時に買取保証を利用するための条件

まとめ

買取保証を利用すれば、必ず売却できるため物件が売れない不安を感じずに売却活動ができます。
ただし、買取保証を利用できる物件は限られていること、専属専任媒介契約による1社のみとの契約になる点には注意が必要です。
不動産売却にあたって、なるべく不安を抱えることなく取引を進めたい方は、買取保証を利用してみましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ