建売住宅の売れ残りがある理由とは?購入するメリットや注意点をご紹介

建売住宅の売れ残りがある理由とは?購入するメリットや注意点をご紹介

分譲住宅地区で建売住宅の売れ残りを見かけることがあるでしょう。
売れ残りとなるとなんだか購入をためらってしまいますが、購入するメリットはあるのでしょうか。
この記事では建売住宅が売れ残っている理由や購入するメリット、また購入時の注意点をご紹介します。

建売住宅が売れ残り!その理由とは

売れ残りとなるとその物件にマイナスポイントがあるのではと考える方が多いです。
もちろん、立地が悪かったり、隣にマンションがありそこだけ日当たりが悪いなどのマイナスポイントが存在する場合があるでしょう。
しかし、物件が悪くなくても売れ残りが出る場合があります。
まず、分譲価格が高すぎて購入希望者が現れないケースです。
相場よりも高い価格で販売されているとどうしても買い手がつきにくいものです。
また、時期的や地域的に供給過剰になっているケースもあります。
建売住宅が欲しいと思っている方よりも物件の数が多くなってしまうと、物件そのものは悪くなくても売れ残りとなってしまいます。

▼この記事も読まれています
相続した空き家の管理方法とは?放置するデメリットや空き家問題について解説

売れ残りの建売住宅を購入するメリット

売れ残っているからこそ得られるメリットがありますのでご紹介します。
まず、値引きが期待できる点です。
売り手としては早く売却したいと考えていますので、コミュニケーションを密に取り、良好な関係を築けば値引きに応じてくれるケースがあります。
また、建築直後には確認できない部分をチェックできるのもメリットです。
完成してからある程度月日が経過していることで、建物そのもののチェックやインフラ関係の設備の確認ができます。
他にも購入後すぐに入居できるメリットもあるでしょう。
売買契約さえ締結できればその他打ち合わせなどありませんのでスムーズに入居できます。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

売れ残りの建売住宅を購入するときの注意点とは

住宅の購入は大きな買い物の一つなので、住宅における譲れない条件などがある場合は事前に明確にしておきましょう。
その条件と建売住宅を比較すると購入後の後悔がなくなります。
また、値引きしてもらいやすいと述べましたが、あくまでも適正価格で交渉しましょう。
あまりにも強気な交渉をしてしまうと取り合ってもらえなくなる点が注意点です。
住宅は完成してから1年が経過していると新築住宅ではなく中古住宅に分類されます。
中古住宅になると保証を受けられなくなる場合もありますので、1年売れ残っている場合は事前に保証内容など確認しましょう。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

売れ残りの建売住宅を購入するときの注意点とは

まとめ

建売住宅が売れ残っている理由はマイナスポイントがあるだけではなく、時期や販売価格に問題があることもあります。
売れ残りを購入するからこそ、値引きに対応してもらえたり、スムーズに入居できるなどのメリットがあります。
しかし、一方で注意点もありますので購入前に確認するようにしましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。

株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ