旗竿地の売却が難しい理由や売りやすい土地の特徴・売却方法を解説!

旗竿地の売却が難しい理由や売りやすい土地の特徴・売却方法を解説!

土地が売却しやすいかどうかには、立地以外にもさまざまな条件が関係してきます。
そのひとつが土地の形状であり、とくに「旗竿地」と呼ばれる形状はやや売却が難しい土地といわれています。
今回は旗竿地とはなにか、売却が難しい理由や売却するための方法などについてもご紹介しますので、土地を売却するときの参考にしてみてください。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


旗竿地とは?売却が難しいとされている理由

旗竿地とは道路に面している部分が少なく、その狭い部分を通路として通った奥に家を建てられる形状の土地を指します。
正方形・長方形の「整形地」に比べ、旗竿地は評価が低くなり、売却が簡単ではありません。
評価が低くなってしまう主な理由は、住宅部分として利用できる面積が狭くなり、建てられる建物にも制限がかかってしまうからです。
とくに道路に接する部分が2m未満だと、建築基準法で接道義務を満たせず、再建築不可の物件に該当してしまいます。
仮に道路に面している部分が2m以上であっても、建設に必要な重機が通りにくい、間取りに大きな制限がかかるといった事情があり、やはり売れにくい土地であることは変わりないのです。

▼この記事も読まれています
電子契約とは?賃貸借契約におけるメリット・デメリットをご紹介

売却しやすい旗竿地と売却しにくい旗竿地の特徴

旗竿地でも間口がそれなりに広く、通路以外の使い方ができるのであれば、評価がそれほど低くならず売却しやすくなります。
駐車スペースや小さい庭にできるほど間口の広さがあれば、面積が狭くとも有効活用できるとして需要が見込めるでしょう。
また、旗竿地であっても、日当たりが確保されているのであれば、売却しやすいといえます。
一方、建てられる建物の制限が大きい旗竿地ほど評価が低く売却が難しくなってしまいます。
道路に接する部分が2m以下で再建築不可物件になっている、重機が入れずリフォームがしにくい、間口部分が他の方の私道であるといった場合は売却が困難です。

▼この記事も読まれています
生活保護受給者の入居受け入れ!入居審査や入居トラブルをご紹介

売却が難しい旗竿地をスムーズに売る方法とは?

売却が難しい旗竿地を売る方法のひとつは、隣の土地の所有者に買ってもらうことです。
たとえば、隣の土地も再建築不可である場合、売った土地と合わせると間口が2m以上になり家を建てられるようになれば、土地の評価が上がり売れる可能性が上がります。
間口が他の方の私道であるがために売れにくい場合は、私道の所有者に交渉し私道を通れる権利(通行地役権)を得たり、私道の持分を購入したりすると売りやすくなります。
また、旗竿地が接する道路は4m以上の幅が必要であるため、まずはセットバック(所有地の一部を道路にし道路幅を広げる工事)の必要性がないか周辺環境を確認することが大切です。
セットバックによって接道義務を満たし、災害時に安全を確保できるとわかれば、買主にも安心して購入してもらえるでしょう。

▼この記事も読まれています
手取り28万円の一人暮らしにかかる家賃目安は?生活費の内訳をご紹介

売却が難しい旗竿地をスムーズに売る方法とは?

まとめ

旗竿地の売却が難しい理由は、建築基準法で接道義務を満たせず、再建築不可の物件に該当しているといった理由が挙げられます。
売却が難しい旗竿地をスムーズに売るのであれば、隣の土地の所有者に買ってもらう、セットバックをおこなって接道義務を満たすなどの方法を試してみてください。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ