住みながら不動産売却をする方法は?メリットや注意点もチェック

2023-02-07

住みながら不動産売却をする方法は?メリットや注意点もチェック

この記事のハイライト
●不動産売却をおこなう際は現在の家に住みながら売却することも可能
●住み替え費用を確保できることや内覧時に生活イメージを伝えやすいことが住みながら不動産売却をおこなうメリット
●住みながら不動産売却をおこなう際はしっかりと掃除して整理整頓を心がける

「不動産売却=空き家」をイメージしがちですが、住みながら売却することもできます。
しかし、居住中の売却活動には、メリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。
今回は住みながら不動産売却をする方法やメリット・デメリット、注意点を解説します。
枚方市を中心に、京阪エリア(寝屋川市、交野市、大東市、高槻市、守口市、四條畷市)全域で不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をする方法

住みながら不動産売却をする方法

まずは、住み替えの2つのパターンと住みながら不動産売却する方法をご紹介します。

売り先行と買い先行

住居の住み替えには「売り先行」と「買い先行」との2パターンがあります。
売り先行とは、現在の家を売却したあと新居を購入する方法です。
売却金を新居の購入資金に充当できるため、金銭的に余裕を持って住み替えられます。
買い先行とは、新居を購入したあとに現在の家を売却する方法です。
住みながら不動産売却をおこなう場合は、売り先行のパターンで売却することになります。

住みながら不動産売却をすることは可能?

不動産売却では、多くの不動産が空き家の状態で売り出されます。
それは、空き家のほうが売れやすいといわれているからです。
しかし、住みながら売却する場合、家具や家電が設置されているため、空き家にはない魅力があります。
近年、不動産売却の手法として「ホームステージング」が注目されていることをご存じでしょうか。
ホームステージングとは、室内をインテリアでコーディネートしてモデルルームのように演出し、購買意欲を高める売却手法です。
内覧時の第一印象が良くなるうえ、引っ越し後の生活をイメージしやすくなるため、早期の売却が見込めます。
住みながら不動産売却をする場合、すでに設置している家具や家電を利用して生活のイメージを伝えたり、空間を演出したりできます。
このようなメリットを活かしながら売却活動をおこなえば、住みながら不動産売却することは十分可能だといえるでしょう。

リースバックも売却方法のひとつ

住みながら不動産売却をする方法として、リースバックも挙げられます。
リースバックとは、家を不動産会社に売却し、家賃を払いながら住み続ける方法です。
賃貸物件として住み続けることになるため、所有権はなくなりますが、契約内容によっては将来買い戻すこともできます。
「売却」と「賃貸借契約」を同時におこなうのが、リースバックの大きな特徴といえるでしょう。

この記事も読まれています|家に住みながらの不動産売却!方法やメリットおよび注意点とは?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をするメリットとデメリット

住みながら不動産売却をするメリットとデメリット

続いて、住みながら不動産売却をするメリットとデメリットをご紹介します。

メリット1:住み替え費用を確保できる

メリットとしてまず挙げられるのが、住み替え費用を確保できることです。
先述したとおり、売り先行の場合、売却金を新居の購入資金や引っ越し費用に充てることができます。
買い先行の場合、売却前に新居の購入資金を準備しておかなくてはなりません。
金銭的な余裕がない限り、先に準備しておくのは難しいのではないでしょうか。
住みながら不動産売却をすれば、住み替えにおける資金計画を立てやすく、金銭的な不安を軽減できるのがメリットです。

メリット2:内覧時に引っ越し後の生活イメージを伝えやすくなる

内覧時に引っ越し後の生活イメージを伝えやすくなるのも、メリットのひとつです。
先ほど、不動産売却の手法として、ホームステージングが注目されているとお伝えしました。
家具や家電が設置されている状態で内覧すれば、どのような暮らしになるのかをイメージしてもらえます。
不動産売却では、空き家の状態にしてから内覧するケースも珍しくありません。
空き家のほうが売れやすいといわれている一方、引っ越し後の生活をイメージしにくいのがデメリットです。
居住中なら、そこでのリアルな生活を想像できるため、早期の売却が見込めるでしょう。

メリット3:家の劣化を防げる

家の劣化を防げるのも、住みながら不動産売却をするメリットです。
空き家の場合、ドアや窓を開ける頻度が少ないため、家が劣化しやすくなります。
その反面、人が住んでいる家は掃除や換気がおこなわれるので、家の劣化を防止できるのがメリットです。
中古物件の場合、劣化具合を気にする買主も多くいます。
劣化を防げれば資産価値の維持にもつながり、不動産売却時のアピールポイントにもなるでしょう。

デメリット1:生活感が出やすい

住みながら不動産売却をするデメリットは、生活感が出やすいことです。
家具や家電が設置されている状態は、引っ越し後の生活をイメージしやすくなるのがメリットですが、状態によってはマイナスの印象を与えかねません。
そのため、内覧時は生活感が出過ぎないよう注意する必要があります。

デメリット2:内覧を優先しなければならない

内覧の予約は、平日や夜間などいつ入るかわかりません。
そのため、いつ内覧の予約が入っても良いように準備しておく必要があります。
とくに週末は予定を空けておかなくてはならず、不動産売却の期間は、お出かけや旅行より内覧を優先することになるでしょう。

この記事も読まれています|家に住みながらの不動産売却!方法やメリットおよび注意点とは?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をする際の注意点

住みながら不動産売却をする際の注意点

最後に、住みながら不動産売却をする際の注意点をご紹介します。

注意点1:掃除をしっかりおこなっておく

注意点としてまず挙げられるのが、掃除をしっかりおこなっておくことです。
居住中の不動産売却を成功させるためには、内覧時の第一印象が大切といえます。
第一印象が良くなければ、候補から外されてしまうこともあるでしょう。
そのため、内覧前には掃除を徹底し、清潔感のある状態で出迎えることがポイントです。
とくに、キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りは汚れや劣化が現れやすいといえます。
そのため、集中して掃除するようにしましょう。
資金や時間に余裕がある場合は、ハウスクリーニングを依頼するのもひとつの方法です。

注意点2:不用品は処分し整理整頓を心掛ける

注意点として、不用品は処分し整理整頓を心掛けることも挙げられます。
住みながら不動産売却をする場合、家具や家電だけでなく日用品などもそのままの状態です。
ものが溢れている家は、マイナスのイメージを与える可能性があるため、この機会に不用品は処分しておきましょう。
シーズンアイテムなどは、実家やレンタルルームに預けることも検討してみてください。

注意点3:内覧中は適度に距離を取る

内覧中は適度に距離を取ることも、注意点のひとつです。
内覧中に売主がそばにいると、質問にすぐ答えられるなどのメリットがあります。
しかし、売主がいることで不動産会社の担当者と値引き交渉などをおこないづらかったり、好きなように内覧できなかったりする可能性があります。
そのため、内覧者と適度に距離を取ることが大切です。

注意点4:におい対策も忘れない

住みながら不動産売却をする際は、タバコやペットのにおい対策もおこないましょう。
清潔感をアピールするためには、におい対策も重要なポイントです。
内覧の数時間前に換気をしたり、消臭剤を使用したりし、できる限り良い印象を持ってもらえるよう工夫してみてください。

この記事も読まれています|家に住みながらの不動産売却!方法やメリットおよび注意点とは?

まとめ

居住中の家であっても、不動産売却は可能です。
居住中の売却にはメリットがある反面、デメリットや注意点も生じるため、方法やコツを押さえておくと安心です。
私たち「枚方不動産売却買取センター」は、枚方市を中心に、京阪エリア(寝屋川市、交野市、大東市、高槻市、守口市、四條畷市)全域での不動産売却を専門としております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ