病死があった物件は事故物件?告知義務や価格への影響を解説!

病死があった物件は事故物件?告知義務や価格への影響を解説!

家で人が亡くなって事故物件となることもありますが、病死の場合はどうなるのでしょうか。
買主が見つかりにくくなったり、売却価格が下がったりするのかどうか、気になるという方もいらっしゃるはずです。
今回は、病死があった物件は事故物件としての告知義務があるのか、売却価格の影響や売却時の注意点について解説します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


病死があった物件には事故物件として告知義務がある?

国土交通省による「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」では、自然死や不慮の事故による死については告げなくても良いことになっています。
病死は自然死に含まれるため、売却することになっても事故物件としての告知義務はありません。
ただし、病死でも孤独死など、発見までに時間がかかってしまった場合は例外です。
病死から発見まで時間が経過しすぎて特殊清掃が必要になったケースや、ニュースになるなどの影響があったケースでは、事故物件としての告知義務が発生します。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

病死があった物件は事故物件?価格への影響

一般的な病死であれば事故物件とは見なされないため、売却価格への影響はあまりないと考えられます。
しかし、孤独死の場合は、心理的瑕疵の度合いによって売却価格が変動することに注意が必要です。
たとえば、孤独死があったことが広く近隣に伝わってしまっている場合は、近隣相場よりも10%から20%ほど安くなる恐れがあります。
また、ニュースで報道されていたり、事故物件サイトに掲載されてしまっていたりすると、20%から30%ほどの値引きが必要になるかもしれません。
建物に影響を与えている場合は、30%から50%値引きしなければならない可能性がありますが、いずれも買主の受け止め方次第ともいえます。

▼この記事も読まれています
相続した空き家の管理方法とは?放置するデメリットや空き家問題について解説

病死があった物件は事故物件?売却方法と注意点

心理的瑕疵がなければ一般的な物件と同じように売却できますが、孤独死で発見の経過が長かった場合などリフォームが必要になることもあります。
異臭や遺体の痕跡などの状況に応じて、床や畳に壁紙の貼り替えなどの原状回復をおこないましょう。
急いで売却する必要がないのであれば、病死から期間を空けることで心理的瑕疵が薄れ、売却しやすくなります。
しかしその間は、維持ならびに管理費用や固定資産税がかかることが注意点です。
すぐに売りたい場合やなかなか買い手がつかない場合は、買取の選択肢もあります。
不動産会社に直接買い取ってもらうことで、買い手が現れるのを待つことなく売却が可能です。
ただし、事故物件の相場よりもさらに安い価格での買取になってしまうことにご注意ください。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

病死があった物件は事故物件?売却方法と注意点

まとめ

単なる病死であれば事故物件としての告知義務はありませんが、発見まで時間がかかった場合などはその限りではありません。
心理的瑕疵の程度が大きいほど、売却価格への影響も大きくなります。
売却する方法として挙げられるのは リフォームをおこなうこと、期間を空けること、もしくは買取です。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ