建売住宅で人気の間取りは?内見で確認すべき点や間取り変更の可否もご紹介

建売住宅で人気の間取りは?内見で確認すべき点や間取り変更の可否もご紹介

住宅を購入する際に、どのような間取りにしようか迷う方も多いでしょう。
家族構成やライフスタイルによって最適な間取りは違うので、よく検討し、内見の時にはよく確認しなければ、購入後に後悔するかもしれません。
今回は、建売住宅で人気の間取りや、内見で確認すべき点、間取りの変更は可能かをご紹介します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


建売住宅で人気の間取り

建売住宅で近年人気の高まっている間取りは、LDKに仕切りの無いLDK一体型です。
仕切りがないため、小さい子どもがいて目が離せない方や、家族とのつながりを大切にしたい方におすすめです。
常温保存ができる食品などを収納できる食品庫のパントリーを備えた間取りも、近年人気が高まっています。
まとめ買いした食糧だけではなく、災害時の備蓄品の収納に活用する家庭も多いようです。
そして、リビングやダイニングに向かって作られている対面式キッチンのある間取りも人気です。
多くの住宅ではキッチンは壁向きに作られていますが、対面式ならLDK一体型と同様に、子どもの見守りや会話をしながら料理ができます。

▼この記事も読まれています
電子契約とは?賃貸借契約におけるメリット・デメリットをご紹介

建売住宅の内見で確認したい間取りのポイント

建売住宅の内見では、生活や家事の動線・収納スペース・窓の位置の3点は必ず確認しておきましょう。
毎日の家事の動線に少しでも不便さを感じると、後悔するかもしれません。
この間取りに住んだ場合、洗濯機はどこに置くのか、どこに干すのかなど、動き方を考えながら実際に歩いて確認しましょう。
収納スペースが十分にない場合、収納家具を買い足す必要が出てきます。
家族構成や荷物の量によってどの程度の収納が必要かは異なりますが、目安として家全体の10~12%が収納スペースになっているのが理想といわれています。
そして窓は、日当たりに直接関係する部分です。
また、窓の位置によっては近隣から家のなかが見えてしまうこともあるので、外からもどのように見えるか確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
生活保護受給者の入居受け入れ!入居審査や入居トラブルをご紹介

建売住宅の間取りは変更可能?

建売住宅の間取り変更は、建築前であれば可能な場合があります。
すべての販売会社が対応しているわけではありませんが、プランが用意されていて選択できることもあるのです。
ただ、間取りを変更すると必要な資材などが変わってくるため、初めの販売価格よりも高くなるかもしれません。
建築後の間取り変更は難しいので、できるだけ早く相談しましょう。

▼この記事も読まれています
手取り28万円の一人暮らしにかかる家賃目安は?生活費の内訳をご紹介

建売住宅の間取りは変更可能?

まとめ

今回は、建売住宅で人気の間取りなどをご紹介しました。
LDK一体型やパントリーのある間取りなどが人気ですが、内見では生活や家事の動線は必ず確認しておきましょう。
建売住宅でも、建築前なら間取りの変更に応じてもらえる可能性があるので、気になる点があれば早めに販売会社に伝えましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ