中古マンション売却で値下げの目安は?タイミングと下げずに売却するコツ

中古マンション売却で値下げの目安は?タイミングと下げずに売却するコツ

中古マンションの売却を検討している方の多くが、いつ、どれくらい値段を下げるのが適切なのか悩んでいるでしょう。
マンション売却の際は、いくつかのポイントを押さえておくとスムーズに売却するのに役立ちます。
この記事では、中古マンション売却時に値下げをする金額の目安やタイミングについて、値下げをしないで売却するコツとあわせて解説します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


中古マンション売却時に値下げをする金額の目安を解説

中古マンションを売りに出したもののなかなか買主が決まらない場合、もともと決めていた売却額を下げるのもひとつの方法です。
その際、5~10%が値下げの相場で、1回でまとまった金額を下げるようにします。
また、値段を下げる際には効果を十分に発揮するために、端数設定をする点がテクニックです。
たとえば、下げた後の金額は2,000万円よりも、1,980万円となっていた方が買主にとってお得感が増すので、おすすめの方法です。
中古マンションの売却を検討している場合、いつまでに売るか、どれくらいの期間売れなかったら値段を下げるかなど、具体的に決めておくとスムーズに進めやすくなります。

▼この記事も読まれています
空き家バンクとは?メリット・デメリットや最適な売却方法を解説

中古マンション売却において値下げをするタイミングを解説

中古マンションが売れずに値段を下げる場合、そのタイミングを見計らうのも大切です。
まず、一般的に値下げをする目安である、売り始めてから3か月後に下げるようにすると、早すぎて損をしたり、遅すぎて売り逃したりするのを避けやすくなります。
また、新居を買う予定や転勤など売却期間に限りがある場合は、その期間内に売れるように値下げのタイミングを決めるのもひとつの方法です。
もうひとつのタイミングは買主から値引き交渉されたときで、許容範囲であれば値引きした方がスムーズに売れる可能性が高いでしょう。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

中古マンションを値下げしないで売却するコツ

たとえ中古マンションでも、できれば値下げしないで希望の額で売却したい方もいらっしゃるでしょう。
値段を下げないで売るコツとして、不動産の需要が高まる時期である春先や秋に売りに出す方法があり、この時期であれば比較的すぐに売れる可能性があります。
また、築年数に応じてマンションの価格は下がりますが、室内の掃除や整理整頓を徹底的におこなって内覧に訪れた方に好印象を与えられれば、値下げをしないで売却も可能です。
もうひとつの値下げをしないで売却するコツとして、物件の状態やアピールポイントがきちんと伝わる内容になっているか、広告を見直す点が挙げられます。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

中古マンションを値下げしないで売却するコツ

まとめ

中古マンションの買主が決まらずに値下げをする場合、下げる金額の目安は1回につき5〜10%で、売り出してから3か月のタイミングでおこなうのが有効です。
値下げしないで売りたい場合は、需要が高まる春先や秋に売り出す、印象を良くするために掃除や整理整頓をおこなう、広告を見直すなど、いくつかのコツがあります。
枚方市の不動産のことなら株式会社パーフェクトホームズがサポートいたします。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ