住宅ローンが残っている家を貸すことはできる?手続きや注意点も解説

2023-07-22

住宅ローンが残っている家を貸すことはできる?手続きや注意点も解説

マイホームを買ったものの、長期の出張などでその家に住めない場合があるかもしれません。
この場合、貸す形で他人に住んでもらうことができますが、そのためには組んでいる住宅ローンの変更手続きが必要です。
本記事では、住宅ローンが残っている家を貸すことができるのか、ローン切り替えの手続き、注意点について解説します。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


住宅ローンが残っている家を貸すのはできるのか?

住宅ローンが残っている家は、そのままの状態では貸し出すことはできません。
その理由は、ローンは契約者が住むことを前提に結ばれた契約だからです。
したがって、ローン返済中の住宅をそのまま貸し出すと、契約違反となってしまうため、ローン返済中の家を貸し出すためには、賃貸用ローンへの変更が必要です。
ただし、例外的に特別な事情がある場合には、ローンの契約を変更せずに返済中に家を貸し出しが認められるケースがあります。
これは、転勤や介護などの特別な事情がある場合です。
このような場合に契約者以外が家に住んでも、ローン契約を継続できる可能性があります。
ただし、事前に金融機関への相談が必要です。

▼この記事も読まれています
空き家バンクとは?メリット・デメリットや最適な売却方法を解説

住宅ローンが残っている家を貸すためにおこなうローン切り替えの手続き

ローンが残っている家を貸すためには、ローンの切り替え手続きが必要です。
この手続きは、現在利用している住宅ローンの種類によって異なります。
まず、民間の金融機関のローンを利用している場合です。
この場合、賃貸用ローンへの変更が必要です。
ただし、賃貸部分が50%未満の場合、ローンの変更なしで家を貸すことができます。
次に、住宅金融支援機構のローンを利用している場合です。
この場合、民間の金融機関へローンを変更する必要があります。
ただし、民間の金融機関の金利は住宅金融支援機構よりも高くなる可能性があるため、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
空き家を民泊にする手順とは?メリットとデメリットもご紹介

住宅ローンが残っている家を貸すときの注意点

住宅ローンが残っている家を貸す場合、いくつか注意点があります。
1つ目は、事業用のローンに切り替えると金利が上がる点です。
一般的に事業用ローンの金利は住宅ローンに比べて高いため、ローンを切り替えて月々の返済額が増えます。
2つ目は、住宅ローン控除が認められない点です。
家を貸している期間は住宅ローン控除が利用できないため、節税ができなくなります。
3つ目は、空室リスクに備えて対策する必要がある点です。
空室ができると、その分の家賃収入を得られなくなります。
しかし、その期間もローンの返済、組合に支払う管理費や修繕積立金などのコスト負担は継続するため、家賃収入が減るとこれらの支払いができなくなる可能性があります。

▼この記事も読まれています
空き家を賃貸に出すメリット・デメリットとは?賃貸に出す注意点もご紹介

住宅ローンが残っている家を貸すときの注意点

まとめ

基本的に、ローンが残っている家は貸し出せません。
貸すためには、ローン切り替えの手続きをする必要があります。
ただし、他人に貸す際は、金利の上昇や空室のリスク、控除が使えず納税額が増えるなどに気を付ける必要があります。
枚方市の不動産のことなら株式会社パーフェクトホームズがサポートいたします。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。

株式会社パーフェクトホームズへの問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ