放出駅周辺は住みやすい?不動産売却に役立つアクセス情報や地価相場もご紹介

放出駅周辺は住みやすい?不動産売却に役立つアクセス情報や地価相場もご紹介

放出駅周辺の不動産売却を検討する際、住みやすさが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
売却したいエリアの住環境を把握しておくと、アピールポイントの立案やターゲットを選定する際の資料になります。
この記事では、放出駅周辺の交通アクセスや買い物環境、不動産相場などをお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。

株式会社パーフェクトホームズへのお問い合わせはこちら


不動産売却の参考になる放出駅周辺の住環境

放出(はなてん)駅は大阪市鶴見区にあり、東大阪市に隣接しています。
JR東西線と学研都市線、おおさか東線の3路線が乗り入れている利便性の高い駅です。
交通アクセスに恵まれており、ターミナル駅の京橋へは乗り換えなしで5分、乗り換え1回で梅田駅へは約22分で到着します。
新大阪駅へは直通でつながっており、約17分で到着するため、ビジネス関係の方にも便利な駅です。
買い物環境も整っており、放出駅近くには、22時まで営業するスーパーマーケットが複数あります。
また、総合病院が駅から徒歩2~3分圏内に2つ、近辺には複数のドラッグストアなど、安心して暮らせる住環境です。
放出駅の南側には第二寝屋川があり、閑静な住宅街のなかには公園も点在していて、自然と身近に暮らせます。
小・中学校や複数の保育施設、グラウンドを併設した公園など、子育てしやすい環境です。
放出駅から離れた場所に工場の集積地帯があり、その周辺だけはトラックなどが頻繁に行き交います。

▼この記事も読まれています
不動産売却の流れやかかる期間を解説!売主がやることや売却活動の内容は?

放出駅周辺の不動産売却前におさえておくべき地価相場

大阪府全体の伸びと比較するとエリア全体が落ち着いており、手堅くいきたい方向きです。
放出駅は大阪市鶴見区ですが、駅の南側と西側は城東区になるなど行政区が入り組んでいる点が、不動産売却のポイントになります。
2023(令和5)年の駅の北側1km圏内は、南側と比較して変動率が2~3%上昇しており、坪単価は60~80万円台に達する勢いです。
一方、駅南側は、500m圏内に東大阪市も入っており、坪単価は50万円台、落ち着いた値動きになっています。
東側の鶴見区今津周辺は、地名に「放出」が入っていない影響で、総平均よりも安い19万円台、変動率は2.66%と上昇傾向です。
幹線道路がないにもかかわらず上昇しており、住宅地需要の高まりから不動産売却では目が離せません。

●地価総平均 22万9,571円/㎡
●坪単価 75万8,913円/坪
●変動率 2.66%上昇


※上記の数字は放出駅の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
※参考://tochidai.info/area/hanaten/

▼この記事も読まれています
不動産売却前のリフォームは必要?不要?売れやすくする方法も解説

不動産売却の参考になる放出駅周辺の住環境

まとめ

放出駅は大阪市鶴見区にあり、JR西日本の3路線が乗り入れている交通アクセスの良い駅です。
駅周辺には、仕事帰りの時間帯まで営業しているスーパーマーケットが複数あるほか、総合病院やドラッグストアなど住環境が整っています。
土地代は、住宅地などで需要の高まりがあり、エリア全体で不動産売却が可能です。
枚方市の不動産のことなら株式会社パーフェクトホームズがサポートいたします。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください。

株式会社パーフェクトホームズへのお問い合わせはこちら


株式会社パーフェクトホームズの写真

株式会社パーフェクトホームズ メディア 担当ライター

枚方市で不動産情報をお探しでしたら、弊社にお任せください!弊社では、完全担当制のワンストップサービスでお客様をサポートします。ブログでは、賃貸物件を中心に不動産売却など様々なコンテンツをご紹介します。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

改田享の画像

改田享

資格:宅地建物取引主任者 賃貸不動産経営管理士 ほめ達3級

売却不動産募集中!相続した空き家も積極的に買取ります。当社は迅速・丁寧・納得査定をお約束致します。大手ではございませんので、一度にたくさんの物件は取り扱い致しません。マンツーマンでじっくりと売却したいというお客様はぜひ改田迄。お部屋探しからのご縁で将来のマイホーム購入、ご実家の売却まで携わる事ができました事も深く感謝申しあげます。末永く皆様に可愛いがっていただけますと幸いでございます。

改田享が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ