中古マンションの造りの一種である壁式構造の基礎知識を詳しく解説!

中古マンションの造りの一種である壁式構造の基礎知識を解説!

中古マンションの購入にあたり、良い物件をしっかり選びたい方は多いのではないでしょうか。
物件の特徴は建物の造りで決まる部分もあるため、各中古マンションの構造にもぜひ注目してみてください。
今回は、中古マンションの造りの一種である壁式構造とは何か、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションの造りの一種である壁式構造とは

建物の構造は、柱や梁で建物を支える「ラーメン構造」と、壁や床・天井で建物を支える「壁式構造」に分けられます。
壁式構造はラーメン構造と違い、柱や梁が不要なおかげで居住空間にあまり凹凸ができません。
また、壁式構造には、原則として5階以下の低層マンションに用いられるといった特徴もあります。
高層マンションに用いると建築物の強度が落ちてしまうため、6階以上の建物にはラーメン構造が用いられるのです。
このような制限はあるものの、壁式構造が用いられた建物は基本的に強固で、建築当時に旧耐震基準しかなかった古い物件でも十分な耐震性が見込まれる場合があります。

中古マンションの造りの1つ壁式構造におけるメリットとは

壁式構造のメリットは、前述のとおり耐震性能が高いことです。
柱や梁といった「枠」で建物を支えるラーメン構造に比べ、壁などの「面」で支える壁式構造は地震の横揺れに強い特徴があります。
また、建物を支えている壁が居室内に位置している場合、部屋の住み心地が良いことも少なくありません。
建物全体の重量を支えるため壁に厚みがあり、冷暖房の効率を上げたり、隣室からの音をしっかり遮断したりするのです。
さらに、壁式構造の中古マンションは室内に柱や梁がないため、専有スペースがすっきりとしています。
部屋をまっすぐに使うことができ、家具などを思うとおりに並べられることも、メリットに挙げられるでしょう。

中古マンションの造りの1つ壁式構造におけるデメリットとは

壁式構造のデメリットは、室内の造りを持ち主があまり変更できないことです。
中古マンションにおけるリノベーションの事例には、専有スペース内の壁を取り払って広々とした部屋を造ったケースも見られます。
しかし壁式構造で同じことをすると、建物の支えがなくなって倒壊を招く恐れがあるのです。
建物を支えている壁は、撤去できないのはもちろんのこと、穴を開けることも基本的に不可能です。
改修できる範囲がそのほかの物件よりも限られ、場合によっては希望の住まいを造れないこともあるでしょう。

中古マンションの造りの1つ壁式構造におけるデメリットとは

まとめ

壁式構造とは、建物を構成する壁によって建築物を支える構造のことです。
地震に比較的強かったり、室内の住み心地が良かったりするなど、メリットは少なくありません。
ただし、大規模な改修はあまりできないといったデメリットもあるため、注意しておきましょう。
株式会社パーフェクトホームズでは、枚方市中心の賃貸・売買物件を豊富に扱っております。
戸建てと賃貸に特化しており、保証人の有無などの審査に不利な状況の入居審査にも柔軟に対応していますので、お気軽にお問合せください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

072-843-2800

営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日

小山愛里の画像

小山愛里

笑顔で丁寧な接客がモットーです!
まだまだわからない事ばかりですが、一生懸命日々努力しています!
お客様のために、力になれますように、これからもどうぞよろしくお願いいたします☆

小山愛里が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ